【体だけの関係を求める方へ】セックスフレンドを作る方法と注意点

【体だけの関係を求める方へ】セックスフレンドを作る方法と注意点

セックスフレンド、通称「セフレ」がいる男性は、いまの時代あまり珍しくありません。彼らは、どのようにセフレを作っているのでしょうか?

  • サムネイル: Kazuki.T
    Kazuki.T

もくじ

1.セックスフレンドを作る方法
2.セックスフレンドができる男性の特徴
3.セックスフレンドを作ったら注意すること
最後に

1.セックスフレンドを作る方法

友達以上恋人未満、体だけの関係。こういったセフレを作る人は、以前よりも増えています。「セフレを作れるのはイケメンだけでしょ?」と思うかもしれませんが、実はさまざまな方法を駆使すれば、容姿が普通なフツメン以下でもセフレの1人や2人は作ることができるのです。セフレを作る定番の方法について紹介していきます。

出会い系アプリ

「出会い系アプリ」は、セフレを作るのに最適なツールと言えます。出会い系に登録している女性は恋や性生活に飢えており、体だけの関係を望んでいる人も少なくありません。

また、出会い系アプリは完全匿名、顔出しなしで利用できるため、友達などに知られる心配がないこともメリットです。簡単かつ周りに知られずセフレを探したいなら、「出会い系アプリ」を使うことが手っ取り早いでしょう。

ナンパ・合コン

ナンパや合コンでお持ち帰り、そのままセフレになるというケースもよくある話です。

ただし、合コンは友達と参加することが多く、周りにバレるかもという心配から継続的な関係に発展しない場合も多いでしょう。一夜限りの恋ではなく、継続的な関係を求めるなら「ナンパ」が適しています。特に、クラブやお酒の席にいる女性はナンパ待ちということも多いため、積極的に声をかけてみてください。

元カノ・女友達

可能性は低いですが、元カノや女友達とセフレの関係になることもあります。元カノや女友達はあなたの素性を知っているぶん、他の男性よりも警戒心が低く、セックスにも抵抗感が少ないです。

しかし一方で、交友関係がある人をセフレに選ぶと、周りにバレたり後々トラブルになったりする恐れがあるので、あまりおすすめできません。なるべく周りに知られずセフレを作りたいなら、出会い系アプリもしくはナンパのどちらかでしょう。

2.セックスフレンドができる男性の特徴

はじめにお伝えしたとおり、セフレはイケメンだけでなくフツメン以下の人でも作ることが可能です。もちろん容姿が整っていることに越したことはありませんが、セフレは彼氏ではありません。セフレを周りに紹介することはほとんどないので、要するに女性が考える最低条件をクリアしていればいいのです。

ここでは、セフレができる男性の特徴について紹介していきます。

身だしなみが清潔

どれだけかっこいい人でも身だしなみがしっかりしていなければ、セフレとしては認めてもらえません。反対に、フツメン以下でも髪を整えて清潔感のある爽やかな服装をしていれば、雰囲気イケメンとなり、女性が考える最低限のラインはクリアできると言えます。

具体的には、髪はショートヘアにしてスタイリング剤で整える、服装はヨレのないシャツとジャケット、パンツを合わせればOKです。清潔感を意識しましょう。

秘密やルールを守る

何度もお伝えしているように、女性はセフレがいることを周りに知られたくありません。セフレは以前より身近なものとなっていますが、それでもやはりセフレがいると知られれば、白い目で見られることも増えるでしょう。特に相手女性に彼氏や夫がいる場合は、なおさらです。

体だけの関係を継続していくなら、女性が決めた秘密やルールを守り、不要な心配をかけさせることは避けなければいけません。

セックス上手

女性はセフレとのセックスを通して日々の欲求不満を満たします。つまり、セックスが上手い男性は、それだけ女性から求められる回数も多くなるということです。

特に淡白なセックスではなく、一度覚えたら忘れられないほどのインパクトのあるセックスは女性をあなたの虜にします。セックスで感じるポイントは人によって変わるので、相手に満足してもらえるセックスができるように常に意識しましょう。

3.セックスフレンドを作ったら注意すること

セフレがいることは、決して「普通の状態」と言えるわけでもありません。場合によっては、何人もの人生を崩壊させてしまう危険性すらあるのです。

それでも「セフレを探したい」「セフレと良好な関係を築いていきたい」と考えている。ここではそんな人に特に注意してほしい、セフレを作ったら気をつけることについて解説していきます。

避妊はマスト

セフレとのセックスでは、コンドームを付けて避妊することが何よりも大切です。その場の勢いで避妊具なしのセックスをすれば、たとえ危険日でなかったりピルを飲んで安全だと思っていたりしても妊娠する可能性は十分にあります。

これがあなたとセフレだけの問題ならまだしも、望まない妊娠は両方の家族に迷惑をかけることになります。良好なセフレの関係を続けていきたいなら、避妊は確実に行わなければいけません。

互いの生活に干渉しない

セフレはあくまで体だけの関係です。セフレ初期の段階では、このことはあなたも女性もよくわかっていると思います。

しかし関係が長引くにつれて互いに情が出てしまい、相手のことを本気で好きになってしまうのはよくあるパターンです。周りに知られず、ひっそりとセフレの関係を続けたいなら、たとえ相手を好きになったとしても、互いの生活までには干渉しないほうがいいでしょう。

飲み代・ホテル代は2人で払う

セフレは援助交際やパパ活などと違い、一方的な金銭の授受は発生しません。経済的に豊かな男性ならまだしも、セフレと会うたびにすべてのお金を出していれば、継続的な関係を望むのは難しくなります。男性からすれば少し不本意かもしれませんが、会ったときの飲み代やホテル代は2人で払うのがいいでしょう。

逆に、まったく払う気のない女性はセフレにするには向いていない可能性があるため、他の女性を探すことをおすすめします。

最後に

最近は出会い系アプリの普及により、セフレを簡単に作れる時代です。しかし、簡単にできるからこそ注意しなければいけないこともあります。セフレを作る際は、周りに与える影響や将来のことも考えて行動しましょう。