【セックスの悩み】中折れしてしまう原因と対策方法をご紹介

【セックスの悩み】中折れしてしまう原因と対策方法をご紹介

30代、40代の男性に多い悩みが「中折れ」です。今回は、中折れの原因と解決策について紹介していきます。

  • サムネイル: Kazuki.T
    Kazuki.T

もくじ

1.中折れで悩むことが多い30代・40代
2.中折れの原因
3.中折れしないための対策方法
最後に

1.中折れで悩むことが多い30代・40代

性欲ギラギラの10代、20代とは違い、30代になったら勃起はするけどイケなくなった、という男性も少なくありません。挿入中にペニスが収縮してしまい、セックスが続けられなくなることを「中折れ」と言います。

中折れは加齢とともに多くの人が経験することですが、それがきっかけでセックスに自信を持てなくなるという人も少なくありません。では、中折れしてしまう原因は何なのかを解説していきます。

2.中折れの原因

中折れの原因は複数ありますが、その多くは「加齢による肉体的な衰え」「精神的なもの」「環境」の3つに大別されます。

今回はその中でも特に多い4つの原因を見ていきましょう。中折れをすると、せっかく盛り上がっていた雰囲気が台無しとなり、あなたの男の格を下げてしまう恐れがあります。満足のいくセックスをするためにも、真の中折れの原因を見つけて下さい。

ストレス

日々のストレスは、中折れの原因になります。

30代になると仕事で重要なポジションに付いたり、責任重大な仕事を任されたりすることも多いでしょう。こういった精神的なストレスは、無意識のうちにセックスにも影響を及ぼします。セックス中にも「あの仕事がまだ終わっていないな」「今月は予算クリアできるかな」と考え出すと、集中力が途切れてしまい、セックスどころではなくなってしまうのです。

体力の衰えによる疲れ

体力の衰えによる疲れも原因の1つ。

仕事が忙しいと、平日は家に帰ってすぐに寝る、休日も一日中ダラダラ過ごすという人も珍しくないでしょう。加齢による体力の衰えは避けられないことですが、やはり体力がなくなると、性欲よりも睡眠欲の方が優先されるために勃起力も低下します。また体力を必要とするセックスでは、運動不足の人は前戯の段階で疲れてしまい、挿入する頃にはクタクタになってしまう可能性もあるでしょう。

感度の低下

感度が低下すると、中折れしやすくなる原因に。

年齢を重ねるとペニスの感度は次第に下がるため、30代以降の男性はコンドームを付けるとイケなくなる場合が多くなる傾向にあります。また、感度が落ちる原因としては強い刺激のマスターベーションをしすぎということも。ペニスを強く握りしめる、速いスピードでこする、床でこするといったマスターベーションを常日頃からしていると、女性の膣の中でイケなくなる恐れがあるのです。

お酒の飲み過ぎ

中折れには、お酒の飲み過ぎにも要注意。

男性、女性ともにお酒を飲むと開放的な気分になりますよね。たしかにお酒を飲むとストレス発散になりますが、一方で多量の飲酒は中折れの原因にもつながるといわれています。アルコールを摂取しすぎると、脳の働きが鈍くなり、感度自体も落ちてしまうのです。さらにお酒を飲んだ後にセックスをすると、最悪の場合セックス中に寝てしまうという恐れもあるためあまりおすすめできません。

3.中折れしないための対策方法

それでは、ここからは中折れしないための対策について見ていきましょう。

今回紹介する方法のほとんどは一人でもできますが、中にはパートナーの協力を必要とするものもあります。多くのパートナーはあなたの中折れを一緒に治したいと思っているので、中折れ改善に向けて一度、相談や話し合いの場を設けてみてください。前向きな姿勢で協力してくれるでしょう。

ストレス発散

ストレス発散をすると、精神的な負担が軽くなり、中折れを防ぐことができます。

具体的には趣味を大切にしたり運動をしたりするのがいいでしょう。他の簡単な方法は、普段シャワーだけで済ませる人は湯船にゆっくりつかる、部屋の中にルームミストやリードディフューザーを置いてみるのもいいですね。人間は副交感神経が活発になることでリラックスモードに入り、疲れやストレスを軽減できます。

食生活の改善

日々の食生活を改善することも大切です。

勃起はペニスに血液が充満することで起こりますが、血流が悪いと中折れしてしまうといわれています。そのため、中折れを防ぐためには、血液がサラサラになる食べ物を摂取するといいでしょう。たとえば玉ねぎやにんにく、イワシやサンマなどの青魚、昆布やわかめといったものは血液の流れをスムーズにするので、勃起不全防止にも役立つ食品として挙げられます。

サプリメントや栄養ドリンクの摂取

サプリや栄養ドリンクもうまく活用しましょう。

ペニスの感度が落ちている場合や疲れが溜まっている場合は、食生活を改善しても中折れをしてしまう可能性があります。そのような場合は、一時的ですが精力増強サプリや滋養強壮ドリンクを飲んでみるのもいいでしょう。サプリは通販でも簡単に手に入りますが、健康状態によっては飲まないほうがいい人もいるので、泌尿器科などで処方を受けることをおすすめします。

体力作り

日頃から運動習慣がない人は「有酸素運動」を取り入れてみて下さい。

有酸素運動とは負荷の少ない運動を、時間をかけて行うことです。息切れしない程度のウォーキングやランニング、水泳などを毎日20分以上行いましょう。ただし注意点として、サイクリングはなるべく避けたほうがいいです。サイクリングは、サドルに乗ることで下半身が圧迫されるため、勃起不全になる恐れがあります。

普段とは違う場所でのセックス

パートナーとのマンネリ化が進んでいる場合は、セックスをする環境を変えることが大切ですね。

たとえば普段のセックスが自宅中心という人は、たまにはラブホテルに行ってみるといいでしょう。最近のラブホテルは内装・設備ともに充実しているので、女性も気分が高揚します。ラブホテルに行く時間がないなら、ベッドではなくお風呂場やキッチンで行うのもいいですね。

最後に

セックス中の中折れは、年齢を重ねていくと避けられないことです。しかし今回解説したように、中折れの原因は何なのかを特定し、対策を講じることで、若かりし頃に近いセックスを楽しむことも夢ではないでしょう。