30代男性がLINEを使ってデートに誘うコツと注意点

30代男性がLINEを使ってデートに誘うコツと注意点

いまや私たちの生活に欠かせないLINE。今回は30代男性が女性とLINE交換後に、デートに持っていくまでのコツをお伝えします。

  • サムネイル: Kazuki.T
    Kazuki.T

もくじ

1.女性の年齢や立場によってやりとりを変えることが大切
2.自分と同世代(30代)〜年上女性とのLINE
3.20代女性とのLINE
4.10代女性とのLINE
最後に

1.女性の年齢や立場によってやりとりを変えることが大切

恋愛指南書では「このような場面はこうすべきだ」といった文言をよく見かけますが、LINEにおいては女性の年齢や立場によってやりとりの方法や内容を変えることが大切です。すべての女性に同じような内容を送っていてはダメということですね。

なぜなら、男性・女性ともに年齢を重ねていくことで考え方も変わるから。極端な例ですが、高校生女子と30代の女性では話す内容やLINEの頻度等も全く違うわけです。

すべての女性に同じ対応をするのはティッシュ配りと同じ

相手の立場などを考えず、すべての女性にテンプレート的な内容を送るのは、ティッシュ配りと同じようなもの。ティッシュなら役立つのでとりあえずもらっておきますが、男性から同じような話をされても女性は困惑するだけです。これでは女性の心を射止めることはできません。

LINEに限らず、恋愛は相手の立場に立って考えることが大切です。

2.自分と同世代(30代)〜年上女性とのLINE

それでは、ここから女性の年齢別におすすめのLINE内容についてお話します。

自分と同世代の30代〜年上女性は、結婚を意識している人が多いです。そういった女性が男性に求めるのは誠実さ、やさしさ、包容力、価値観の一致などです。そのため、間違っても「昨日クラブ行ったんだけど、めっちゃ楽しかったよ〜」といったLINEは送るべきではありません。遊び人、浮気しそうなど負のイメージにつながる恐れがありますからね。

同じ趣味の話で盛り上がろう

30代以上の女性は、男性に対してフィーリングが合うかを重視する人が多いので、互いに共通する趣味があるならその話題について深掘りしましょう。

同じ趣味があれば、それを口実にデートに誘うこともできます。たとえばあなたも女性もスイーツが好きだった場合、LINEで「ホテルのスイーツバイキング、一緒に行かない?」と誘ったら、きっとOKをもらえるでしょう。

LINEの送りすぎはNG

30代以上の女性とLINEをする際は、メッセージの送りすぎに気をつけて下さい。

たとえば、「お疲れ」「いま何してるの?」「やっと家着いたよ」といった感じで短文を連投すると、鬱陶しいなあと思われる可能性があります。連絡はマメな方がいいのですが、たくさん通知があるとウザいと感じる人も少なくありません。ただしメールのような長すぎる文章もNGです。あくまでチャットなので、ライトな文章を送りましょう。

3.20代女性とのLINE

続いて、あなたより年下の20代女性とのLINEです。

20代女性が年上男性に求めるのは包容力。包容力がある30代男性は紳士的に見られ、モテる傾向にあります。たとえば20代女性は働いている人が多く、毎日クタクタです。そういった女性は年上のあなたに話を聞いてもらいたいと思っています。そこで、LINEでは「最近、仕事どう?」といった感じで聞けば、良き理解者としてあなたに色々と打ち明けてくれるでしょう。

相談にのることを前提に食事に誘う

20代女性をLINEでデートに誘うには、「今度ご飯食べながら仕事の相談に乗るよ」といった感じで食事の約束を取り付けるのがいいでしょう。単純に食事に誘うとなると難易度は上がりますが、仕事の相談に乗るという明確な理由があることで、男性も誘いやすく、女性も行きやすくなります。

食事が決まったら、好きなものを聞いて、女性が喜びそうなお店を抑えておきましょう。モテ男はこういった気配りも手を抜きません。

共感は必要だが執拗なアドバイスはNG

LINEでもデート中でも同じですが、男性が女性に対して自分の意見やアドバイスを執拗に押し付けるのはNG。

多くの女性は自分の話を聞いてほしいと思うのであって、具体的な策を求めているわけではありません。もちろんアドバイスを求められたら言えばいいのですが、この時も「こうした方がいい」といった言い切り型の解決策ではなく、「こういうのはどう?」といった感じで提案型にすると印象も良くなります。

4.10代女性とのLINE

時には合コンなどで、女子大学生などの10代女性と知り合うこともあるでしょう。

10代女性の場合は20代・30代女性よりもLINEに抵抗感がないので、やりとりの回数を増やしても大丈夫。社会人よりも時間があるので、絵文字やスタンプを使い、楽しい会話をしましょう。ただ20歳の年齢差があれば、話が噛み合わないことも多々あります。社会人として働いていないので、仕事の話をしてもピンときません。

好きなものや流行で盛り上がる

10代女性とLINEをする場合は、相手の好きなものや流行りの話題を出すと盛り上がります。好きな歌手やTV番組、最近流行っているお店などです。それに乗じて、デートの誘いもできるでしょう。

また相手が好きなLINEスタンプをプレゼントするのもありです。LINEスタンプは若い人ほどよく使い、実用性も高いのでもらっても困りません。

普段はできない大人の体験をさせてあげる

10代女性をデートに誘う際は、流行りのお店を提案するのもいいですが、大人の世界を見せてあげることもおすすめです。

そもそもどうして10代女性が30代男性に好意を寄せるのか?それは30代男性に対して、大人の魅力を感じるからです。そこでデートに誘う際は「隠れ家的お店を知ってるんだけど一緒に行かない?」のような感じで、庶民的なお店よりも学生が行けないようなレストランなどに連れて行ってあげましょう。

最後に

LINEは簡単にメッセージを送れる反面、何をどのように伝えるかが重要です。テンプレ的な内容にならないように、相手の立場に合わせたメッセージを送るようにしましょう。