関東で食べ歩きするならココ!グルメデートにおすすめのお店20選

関東で食べ歩きするならココ!グルメデートにおすすめのお店20選

東京から少し足を延ばし、食べ歩きデートを計画している人におすすめのグルメをエリアごとに紹介します。

もくじ

1.鎌倉エリア
2.横浜中華街エリア
3.成田山エリア
4.川越エリア
最後に

1.鎌倉エリア

鎌倉では、史跡巡りをしながらの食べ歩きが楽しいですね。

コクリコ御成通り店

鎌倉駅西口から歩いて約2分、人気クレープ店「コクリコ御成通り店」があります。生地はパリッとしていて、レモンシュガーやシナモンチョコなど、シンプルな味わいが人気。

【基本情報】
店舗名:コクリコ御成通り店
住所:神奈川県鎌倉市御成町10-6
詳細はコチラ

わっふる21

食べ歩きができる手頃なサイズのふわふわワッフル。カスタードや抹茶、チョコなど種類は8種類あり、どれも美味しいです。

【基本情報】
店舗名:わっふる21
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-9-29 シャングリラ鶴岡2F
詳細はコチラ

豚まんじゅう専門店 鎌倉点心

職人さんが一個一個丁寧につくった豚まんじゅう。中には角煮風に味付けされた豚肉や竹の子、しいたけなどジューシーな具材がたっぷり入っています。

【基本情報】
店舗名:豚まんじゅう専門店 鎌倉点心
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-8-14
詳細はコチラ

ひなとり処 鳥一

「ひなとり処 鳥一」は、昭和23年創業の鶏肉専門店です。ほくほくの手づくりコロッケは、一日約300個が完売するというほど人気。

【基本情報】
店舗名:ひなとり処 鳥一
住所:神奈川県鎌倉市御成町5-29
詳細はコチラ

イグル氷菓

定番のアイスキャンディーは5種類。無着色、無香料でつくるこだわりの氷菓たちから、素材の美味しさがダイレクトに伝わってきます。

【基本情報】
店舗名:イグル氷菓
住所:神奈川県 鎌倉市腰越3-8-26
詳細はコチラ

2.横浜中華街エリア

テイクアウトができる美味しいものがたくさんあるので、どれにしようかと悩むエリアですね。

鵬天閣

横浜中華街で人気トップクラスの「鵬天閣」。中華街に3店舗あり、新館では点心類の製造や実演を見ることができ、肉汁がいっぱい詰まった焼きたての小籠包が食べられます。

【基本情報】
店舗名:鵬天閣 新館
住所:神奈川県横浜市中区山下町192-15
詳細はコチラ

ちまき屋

中華街大通りから脇道に入った小さいお店なので、通り過ぎてしまうかも。台湾ちまきは、ボリュームたっぷりで、具材の中にはピーナツが入っています。

【基本情報】
店舗名:ちまき屋
住所:神奈川県横浜市中区山下町186
詳細はコチラ

聚楽

「馬拉糕(マーライコ)」と「鶏蛋糕(蒸しタマゴケーキ)」が販売されている人気店。カット売りされているものありますが、ホールごと買っていく人もいるという逸品です。

【基本情報】
店舗名:聚楽
住所:神奈川県横浜市中区山下町143
詳細はコチラ

老維新

見た目のインパクトで、女性が喜ぶ「老維新」の「パンダまん」。シンプルな肉まんもありますが、色が違うパンダまんの中にはイチゴや抹茶のカスタードなどが入っています。

【基本情報】
店舗名:老維新
住所:神奈川県横浜市中区山下町145
詳細はコチラ

富貴包子楼

「富貴包子楼」は、中華惣菜のお店です。店内に入ると美味しいそうな惣菜が並んでいますが、食べ歩きには肉とにらがぎっしり入った「肉韮饅頭」がおすすめ。

【基本情報】
店舗名:富貴包子楼
住所:横浜市中区山下町97 横浜大世界
詳細はコチラ

3.成田山エリア

パワースポット成田山新勝寺の周りにも美味しいお店があり、食べ歩きデートにおすすめのエリアです。近くに利根川があり、うなぎも古くからの名物となっています。

成田ゆめ牧場 門前店

成田市内にある成田ゆめ牧場が手掛けるジェラート専門店。ミルクやクリームチーズなど、牧場らしいテイストの他に、季節の食材を使ったジェラートもおすすめです。

【基本情報】
店舗名:成田ゆめ牧場 門前店
住所:千葉県成田市東町601-2
詳細はコチラ

駿河屋

成田山表参道で、1798年の記録ではすでに営業していたという老舗のうなぎ料理専門店。代々受け継がれた秘伝のたれで香ばしく焼かれたうなぎは絶品です。

【基本情報】
店舗名:駿河屋
住所:千葉県成田市仲町359
詳細はコチラ

古関商店

お漬物専門店の古関商店に立ち寄り、成田山名物の鉄砲漬やしそ巻き唐辛子を購入しませんか。

【基本情報】
店舗名:古関商店
住所:千葉県成田市竜台636番地
詳細はコチラ

金時の甘太郎

「金時の甘太郎」の近くに来ると美味しい香りが漂ってきます。ここの今川焼は、あずきあんとしろあんが共にとろりとして美味しいです。※画像はイメージです。

【基本情報】
店舗名:金時の甘太郎
住所:千葉県成田市花崎町525
詳細はコチラ

下田康生堂 ぱん茶屋

「下田康生堂 ぱん茶屋」は文字通りパン屋さんで、イートインとテイクアウトのどちらもあるお店です。あんこやピーナツバターを挟んだコッペパンも人気なので、ご賞味を。

【基本情報】
店舗名:下田康生堂 ぱん茶屋
住所:千葉県成田市上町551
詳細はコチラ

4.川越エリア

川越は「小江戸」と呼ばれ、城下町の面影が色濃く残る街並みがあり散策スポットとして人気があります。

亀屋 元町店

冷たいスイーツ「小江戸川越シュー」は、さつま芋と紫芋の2種あり、見た目も芋の形をしています。3口で食べれるサイズは、食べ歩きにぴったりです。

【基本情報】
店舗名:亀屋 元町店
住所:埼玉県川越市元町2-1-6
詳細はコチラ

サンドイッチパーラー楽楽

行列ができるパン屋さんとして有名な「川越ベーカリー楽楽」が手掛けるサンドイッチ専門店。屋上テラスから、彼女と川越のレトロな景色を見ながら食べるのもいいですね。

【基本情報】
店舗名:サンドイッチパーラー楽楽
住所:埼玉県川越市元町2-7-11
詳細はコチラ

川越いわた

「川越いわた」の大学いもは、いも本来が持つ旨味が活かされつくられています。「おいもチーズケーキ」など大学いもをアレンジした品もおすすめです。

【基本情報】
店舗名:川越いわた 新富町本店
住所:埼玉県川越市新富町1-8-17
詳細はコチラ

中市本店

乾物の専門店の「中市本店」の店頭では、「ねこまんま焼きおにぎり」が販売されていて、人気。川越にまで足を運ばないと食べられない逸品です。

【基本情報】
店舗名:中市本店
住所:埼玉県川越市幸町5-2
詳細はコチラ

菓匠右門 時の鐘店

川越のお菓子として有名な「いも恋」は、温かいものも販売されています。いものほくほく感がたまらなく美味しいです。

【基本情報】
店舗名:菓匠右門 時の鐘店
住所:埼玉県川越市幸町15‐13
詳細はコチラ

最後に

関東圏には食べ歩きにぴったりなエリアがあります。ドライブ&食べ歩きデートの計画を立てて楽しいひとときを過ごしましょう。