「こんなナンパならアリ」女性が歓迎するナンパのOKパターン4選

「こんなナンパならアリ」女性が歓迎するナンパのOKパターン4選

「今どきナンパじゃ釣れる子はいない」そう思っている男性に朗報です。「こんなナンパならアリかも」という女性の本音をご紹介します。

もくじ

1.ナンパ成功のコツは「演出」がカギ
2.女性の本音から解析!OKなナンパ4選
最後に

1.ナンパ成功のコツは「演出」がカギ

昨今、異性との出会いの瞬間に「刺激」を求める女性は少なくありません。「ドラマティックな出会いが欲しい」「映画のような運命的な出会いに憧れる」など、ライフサイクルの中で非現実的なアクションを求めている女性は意外と多いのです。

実はそんな女性にとって、ナンパも刺激となることをご存知でしたか?合コンや紹介による出会いにはない、突然訪れるドキドキ感に、嫌な気持ちになる女性は意外と少ないのではないでしょうか。

女は女優・男は演出家

恋愛離れが進む中、「今どきナンパじゃ釣れる子はいない」と思っている男性は多いでしょう。そんな時代だからこそ、ナンパは演出にこだわる必要があります。女性に非現実的な夢を見させてあげるためにも、演出にこだわるべきなのです。

「何回ナンパしても成功しない」という男性は、まさに演出がナンセンス。女性が欲している出会いのパターンをリサーチすることで、ナンパの達人に一歩近づくことができますよ。

2.女性の本音から解析!OKなナンパ4選

「わがままで夢見がちな女性の心理は理解できない」という男性の気持ちは痛いくらいにわかります。しかしナンパを成功させたいなら、女性のわがままに寄り添ってあげるのが手っ取り早い方法です。

体目当て、交友目当て、どちらにせよナンパの演出はとことん精妙に。女性の本音から解析するOKなナンパパターンをご紹介します。ぜひシナリオの参考にしてみてくださいね。

(1)アクティビティマジック

「ゲレンデマジック」や「教習所マジック」など、女性はナンパ以外の目的で訪れている場所でのナンパに対して滅相弱いです。要は、街中でのナンパは成功確率がほとんどゼロに近いため、避けたほうがいいということ。

例えば旅先やテーマパークで、「この場所の行き方分かる?」「ライター持ってますか?」などの下心を出さない声かけが有効です。旅先でのナンパは、時に運命的な出会いに転換します。

(2)街中なら名刺でアプローチ

街中でのナンパは成功確率が低いとはいえ、どうしても好みの子に出会ってしまった際にその機会を逃すのは勿体ないですよね。そんなときに有効なのが、名刺を用いた声かけです。

「今度何人かでご飯でもどうかな?気が向いたら連絡して」など、今すぐどうこうしたい訳ではないことや、気が向いたらで良いという気軽な感じが好印象。出会いを求めている女性なら、飲みの席や女友達と盛り上がった勢いで連絡が来る確率が高いです。

(3)その場の交流のみのナンパ

ナンパを成功させるためには、女性がリラックスできる状態にあることが肝心。女性からすれば、その場の交流のみを目的とした気軽なスタンスのナンパならOKという方が多いです。友人との待ち合わせまでの時間潰しに楽しい会話をしてくれる男性がいれば大歓迎。

ただし、ナンパの第一声や会話の内容によってはシャットダウンされてしまうこともあるため、注意が必要です。

「どこかで会ったことあったかな?」などの興味を引く声かけから始め、「俺もここでよく待ち合わせするんだよね」など、なんでもない投げかけを重ねて他愛もない会話をするといいでしょう。あくまでもその場での交流を楽しむことが大切です。

最後に名刺や電話番号を渡して、次回に繋げる劇場型のナンパを演出すると成功の確率もアップします。女性の脳裏に印象付けることもできる、精妙なナンパです。

(4)アイコンタクトからはじまるナンパ

初対面の人とは、出会ってからたったの3秒で印象が決まってしまいます。そのため、突然声をかけるナンパはやはり成功確率が低いです。出会ってすぐに声をかけてくる人には良い気はしませんよね。

ましてや「何してるの?」「どこ行くの?」など、見知らぬ人に教える筋合いもない質問には応える気もさらさらありません。ではファーストコンタクトのベストはなんなのでしょうか。ズバリ「アイコンタクト」です。

接近する前に、女性が気づく距離で視線を送ります。女性と目を合わせていいのは2秒だけです。3秒のボーダーラインを超えると警戒されてしまうため注意。

ゴリゴリにアプローチする表情でもなければ無表情でもない、普通の表情で目を合わせ「たまたま合ってしまった」演出をします。何度か繰り返し、女性が微笑みかけてくれたら声かけOK。アイコンタクトからの声かけなんて、なんとも刺激的でドラマティックですよね。

最後に

まるで漫画や映画のような、「こんなこと現実にあるんだ」というドキドキ感を得られるナンパで女性を落としてみてはいかがでしょうか。