シーンを選ばない!シックなモノトーンコーデの作り方と例

シーンを選ばない!シックなモノトーンコーデの作り方と例

モノトーンコーデはシックで大人の雰囲気を演出できます。ここでは、モノトーンコーデの作り方と例をご紹介します。

ブラックのジャケットとホワイトのシャツにジョガーパンツを合わせることで、カジュアルな雰囲気に仕上がっています。

もくじ

1.モノトーンコーデの作り方の基本
2.モノトーンのシャツを使ったコーデ
3.カジュアルダウンさせたジャケットスタイル
4.キレイめカジュアルなモノトーンコーデ
最後に

1.モノトーンコーデの作り方の基本

モノトーンコーデの基本は、ブラックとグレー、ホワイトのアイテムを組み合わせることです。このうち、2色しか使わなくてもモノトーンコーデと言えます。

スーツのネクタイを外すだけでも立派なモノトーンコーデになります。休日のスーツスタイルにおすすめですよ。

モノトーンコーデを作るときに重宝するのがTシャツです。各カラーのTシャツを持っておけば、コーデの幅が広がるでしょう。

Tシャツを合わせたジャケットスタイルです。ホワイトのTシャツを合わせるとモノトーンコーデでも重くなりません。

2.モノトーンのシャツを使ったコーデ

モノトーン系のシャツは、スーツスタイルにおすすめです。ブラックやグレーのシャツをスーツに合わせるだけで、カジュアル感が出ます。

ホワイトのシャツにブラックのナロータイを合わせたスーツスタイルです。ナロータイはカジュアルなアイテムなので、スーツを普段使いしたいときに重宝します。

グレーのスーツにブラックのシャツを合わせたシックなコーデです。パーティーからデートまで、さまざまな場面で活躍します。

ブラックのスーツにグレーのシャツを合わせたスタイルです。ジャケットよりも淡い色のシャツを合わせると、暗くなりすぎません。

柔らかい質感のグレーのジャケットにホワイトのシャツを合わせることで、軽快なイメージのコーデに仕上がります。

3.カジュアルダウンさせたジャケットスタイル

ブラックのジャケットとホワイトのシャツのようにオーソドックスなコーデには、個性的なデザインのパンツが合います。

ジャケットにボーダーTシャツを合わせたマリンコーデです。ホワイトとグレーの中間のようなカラーのTシャツを選ぶことで、グレーのパンツとバランスをとっています。

グレーの3ボタンのセットアップスーツにブラックのシャツを合わせたスタイルです。グレーをメインのカラーにすることで、春らしさを表現できます。

4.キレイめカジュアルなモノトーンコーデ

キレイめカジュアルなモノトーンコーデに使えるのが、ニットやカーディガンなどです。ジャケット以外の選択肢があると、コーデの幅が広がります。

グレーのカジュアルなパンツにホワイトのシャツとブラックのニットを合わせたオーソドックスなスタイルです。

ホワイト系のシャツにブラックのカーディガンを合わせています。パンツは、ブラックかグレーのどちらで
も合わせられるでしょう。

レザージャケットは、春と秋に重宝します。グレーのTシャツと合わせて軽さを出すことが、春コーデのポイントです。

グレーのパーカーは、ブラックのパンツに合わせるとよいでしょう。ジップを開けてTシャツを見せると、よりカジュアルなイメージになります。

最後に

モノトーンコーデは、組み合わせ方を間違えると重い印象になってしまいます。ホワイトとグレーのアイテムを取り入れて、全身ブラックは避けることが無難です。いつもとは違うシックな春コーデを楽しみましょう。