恋愛における【嫉妬】やっかいな感情をコントロールする大人の恋愛術

恋愛における【嫉妬】やっかいな感情をコントロールする大人の恋愛術

嫉妬心を抱いてしまう方や、嫉妬深い恋人に困っている方は必見。嫉妬をうまくコントロールする大人の恋愛術をご紹介いたします。

もくじ

1.嫉妬と恋愛は切っても切り離せない関係
2.嫉妬しないための大人の心得
3.嫉妬深い恋人への対応
最後に

1.嫉妬と恋愛は切っても切り離せない関係

恋人のことを大切に思うからこそ、どうしても気になってしまう恋人の元彼や男友達。嫉妬は醜いと理性では分かっていても、恋人との会話や行動から嫉妬心を抱いてしまうことがあるかもしれません。

また、恋人が嫉妬深くて困ると悩む男性も少なくないでしょう。嫉妬は恋愛感情があるからこそ起こるもので、恋愛と切っても切り離せない感情です。

恋愛を壊しかねない嫉妬心

嫉妬はそもそも、「自分にとって大切な人が他の人を好きになってしまうかもしれない、奪われてしまうかもしれない」という、本能的な危機感から生まれる負の感情です。

嫉妬心は放っておくと相手への不信感につながり、非のない相手を責めたり、行動を束縛したりと、恋愛関係を壊してしまうことも少なくありません。される側にとっても、する側にとっても、恋愛に暗い影を落としてしまうのが嫉妬です。

嫉妬しがちな性格とは?

嫉妬は誰にでも多かれ少なかれ起こる感情ですが、恋愛の中で特に嫉妬深くなる性格の特徴もあります。例えば、他人と比較して勝ち負けを常に意識するタイプの人。他の男性が自分より優れていると感じたときに、嫉妬を覚えやすくなります。

想像力が豊かな人や思い込みの激しい人も、嫉妬深くなりがち。恋人の言動を深読みしたり、持ち前の想像力で思いを巡らせたりすることで、存在しない嫉妬の種を自分で作り上げてしまいます。

2.嫉妬しないための大人の心得

恋愛経験が豊富な大人同士からといって、嫉妬しないとは限りません。過去の恋愛の失敗がトラウマとなって嫉妬しやすくなったり、相手の過去のパートナーと現在の関係を比べてしまったり、恋愛経験を重ねてきたがゆえに起こりやすい嫉妬もあります。

嫉妬する気持ちをゼロにするのは難しくても、嫉妬を回避する術を知っておきたいもの。大人の恋愛を成功させるには、嫉妬する感情を抑えるための心得が必要です。

他人と比べずに自信を持つ

恋人の元彼や男友達に嫉妬心を抱くとき、無意識に自分と比較していませんか。容姿や性格、社会的地位、恋人との関係など、他人と自分を比較するのは自信の無さの表れです。

現在の恋人が付き合っているのは、元彼でも数いる男友達でもなく、自分自身。恋人に選ばれた存在であると自覚し、ありのままの自分に自信を持つことが大切です。嫉妬深い人は自信のない人と考えて、他人と比べずに自信を持つように心がけましょう。

相手を信用する

嫉妬の背景にある「他の男性に、恋人が心を奪われてしまうのではないか」という気持ちは、恋人を100%信用していないのと同じこと。恋人への揺るぎない信頼があれば、恋人の言動に不安を覚えることはないはずです。

恋人が自分を愛する気持ちを信用していれば、いくら他の男性と親しくしていても、他の男性を褒めても、二人の関係を揺るがすほどのものではないと感じることでしょう。

嫉妬の種を探さない

恋人の過去の恋愛のことや男友達のことを根掘り葉掘り聞いて、自ら嫉妬の種を探していませんか。知らないままでいれば嫉妬しなかったのにと苦しい思いをするくらいなら、最初から知らない方がマシ。

SNSでのやり取りも同様で、恋人と親しくやり取りしている異性の存在や過去のポストが気になるタイプなら、あえて見ないようにすることも選択肢に入れましょう。嫉妬が芽生える可能性のある種を、わざわざ探すことはありません。

3.嫉妬深い恋人への対応

嫉妬はされる側にとっても辛いもの。恋愛の初期には愛情深さの証拠のように感じられる嫉妬も、付き合いを続けていくうちに煩わしく感じていることがあります。

会っていないときの行動を探られたり、女友達や会社の同僚との関係を勘ぐられたり、最初はかわいく思えた嫉妬深さが窮屈に感じてきたら、どう対応したら良いのでしょうか。恋人の嫉妬深さの理由を探し、うまく付き合っていく対応の仕方を考えてみましょう。

嫉妬深い女性の特徴

嫉妬深い女性は、自分に自信がなく不安を抱えていることがあります。容姿やスタイルをひどく気にする、何に対してもこうあるべきといったこだわりの強い女性は嫉妬深くなりがち。付き合う男性の容姿や職業にこだわるタイプの女性も、嫉妬しやすい傾向にあります。

自分の好きになった男性は、他の女性にとっても魅力的なはずと考えているから。こういった性格に当てはまっている場合は、恋人の嫉妬の被害を受けないよう要注意です。

自分の行動も見直して

深夜や週末に連絡が取れないことがある、仕事や趣味が忙しい、恋人の知らない交友関係が多い、芸能人や他の女性と容姿を比べるような発言をするなど、恋人を不安にさせる行動を知らず知らずのうちに取っていませんか。恋人を不安にさせてしまうのは、恋愛関係における最大のNG行動です。

恋人の嫉妬深さを嘆く前に、自分の行動がその嫉妬深さを作り上げていないかを見直してみてください。

嫉妬深い恋人とのうまい付き合い方

嫉妬深い恋人には愛情表現をしっかり行い、嫉妬する理由が全くないことを分からせてあげるのが一番です。誕生日やクリスマス、記念日はもちろん、普段のデートでも恋人が特別な存在であるということを常に知らせてあげましょう。

しかし、過度な嫉妬には、毅然とした態度で対応することも重要。嫉妬がエスカレートして理不尽に攻められるような場合は、そのパートナーとの恋愛そのものを見直す必要があるかもしれません。

最後に

恋愛関係の中で、多かれ少なかれ芽生えてしまう嫉妬の気持ち。される側もする側にとっても辛い負の感情なので、嫉妬心をうまく抑えコントロールする方法を実践し、良い関係を築き上げたいものですね。