【今から間に合う】バレンタインまでに彼女をゲットする方法

【今から間に合う】バレンタインまでに彼女をゲットする方法

恋人同士のイベント、バレンタイン。バレンタインまでに彼女をゲットして楽しく過ごす方法を伝授します。

もくじ

1.恋人同士のイベント「バレンタイン」
2.「バレンタインを利用したナンパ」作戦
3.「彼女欲しい宣言」作戦
4.「逆バレンタイン」作戦
最後に

1.恋人同士のイベント「バレンタイン」

3世紀のローマにおいて戦時だったため結婚を禁じられていた若者をふびんに思い、密かに結婚させていたキリスト教徒の「聖バレンタイン」。その後ローマ皇帝の怒りを買ったバレンタインは2月14日に処刑されてしまいました。

そして処刑から200年が経ったころ、ローマで行われていた独身男女のための祭りを「愛を重要と説いたバレンタインの殉職を弔う祭りに」としたのが「バレンタイン・デー」の始まりといわれています。

それ以降バレンタインは、キリスト教徒を中心とした恋人たちがカードやプレゼントを贈る「恋人同士の日」として定着しました。日本では1970年頃から本格的に広まってきましたが、製菓メーカーなどの営業戦略により「女性が男性にチョコレートを贈る日」として認知されています。

バレンタインはもともと甘い恋人同士のイベント。バレンタインまでには彼女を作って、甘いバレンタインの夜を過ごしちゃいましょう。

2.「バレンタインを利用したナンパ」作戦

「バレンタインはできれば特定の誰かと過ごしたい」、そう思っているのは女性も同じ。12月のクリスマスからバレンタインまでのイベントシーズンは、彼氏がいる人を羨ましいと思っている女性が少なくありません。女性の「彼氏が欲しい」と思う気持ちが高まっているこの時期、積極的に声掛けをしてみましょう。ナンパに成功したら、バレンタイン当日の予定を聞くのをお忘れなく。

またバレンタイン当日はナンパ待ちの女性も多く、成功率が高まるのでおすすめです。バレンタイン当日のナンパにおすすめの場所は、バーなどの店内。通常のナンパは路上などですることも多いと思いますが、店内で一人の女性や女性同士のグループは、彼氏がいない、もしくはナンパ待ちの可能性大。気後れせずに、「お一人ですか?」「一緒に飲まない?」とスマートに誘ってみましょう。

ナンパに成功したら、「最後まで」と考えたくなるのが男の本音ですが、そこはグッとこらえて下心は相手に悟られないよう、「バレンタインの夜を楽しく過ごす」というスタンスで臨みましょう。チャラさやエロさはおさえて、あくまで紳士的にふるまい、相手を楽しませてあげることが大切です。そうすることで次の約束もとりやすくなり、出会った当日に最後までいけてしまう可能性も高まります。

3.「彼女欲しい宣言」作戦

某有名アパレル会社の社長が、自分の彼女をオーディションで選ぶと宣言して話題になりましたね。躊躇される方もいるかもしれませんが、「彼女が欲しい」と宣言することで自分がフリーであることが公になるため、「彼氏が欲しい」と思っている女性からアプローチされやすくなるほか、宣言することで友達から紹介をしてもらえるチャンスも広がります。

「彼女が欲しい」宣言を友人やSNSを介して公にする方法のほかに、気になる特定の女性に伝えるのも効果的です。言われた女性は、「私に気がある?」と気にならずにはいられません。気になる女性に「彼女が欲しいんだよね」と言ってみて、まんざらでもない反応だったらチャンスです。偶然を装って二人きりになったり、ランチなどに誘ってみましょう。

4.「逆バレンタイン」作戦

先にも書いたようにバレンタインはもともと女性が男性にチョコレートを贈る日ではなく、 恋人同士がプレゼントなどを贈り合う日。特に欧米では、男性から女性へ花やスイーツなどの贈り物をすることが多く、日本でもここ数年の間にじわじわと男性から女性にチョコレートやプレゼントを渡す「逆バレンタイン」が広がりつつあり、注目されています。

どんな女性でも男性からのサプライズプレゼントはうれしいものですが、注意したいのがいきなり高価なプレゼントや花などは贈らないこと。相手の女性によっては「重い男」ととられてしまう可能性があるプレゼントは、避けたほうが無難です。少しおしゃれなチョコレートや限定スイーツあたりが、相手に気兼ねすることなく喜んで受け取ってもらえます。

また逆バレンタインとしてチョコやスイーツを渡す際に、そのままディナーにも誘うのもおすすめです。「突然なんだけど、今晩空いている?」と切り出してみましょう。スマートな大人の男性の誘い方にグッとくる女性も多いはずです。サプライズプレゼント×バレンタインというイベントの相乗効果で、女性も普段以上に舞い上がっている可能性大。ガードがゆるまりそのまま当日最後まで、という期待も高まります。

最後に

いかがでしたか?バレンタイン前や当日は、女性の「彼氏が欲しい」という気持ちも高まっています。このチャンスを最大限活かして、甘いバレンタインの夜を過ごしちゃいましょう!