【アプローチ】モテ男がやっている好きな女性と距離を縮める方法

【アプローチ】モテ男がやっている好きな女性と距離を縮める方法

男なら、好きな女性ができたら、ためらわないでアプローチするのが鉄則。モテ男がやっている成功率が高いアプローチ方法を紹介します。

もくじ

1.自分を知ってもらうための手段
2.デートができるようになった時のアプローチ
3.いよいよ告白
最後に

1.自分を知ってもらうための手段

気になる女性が、昔から知り合いだったけど急に意識し始めたという人もいれば、同じ職場やサークル仲間の1人という人もいるでしょう。毎日顔を合わせる間柄なのか、そうでないかによって、アプローチできるチャンスのつくりやすさには若干違いがあるかもしれません。

しかし、いずれにしてもチャンスが到来したときには、あなたのことをしっかりと印象づけるスマートなアプローチに努める必要があります。

グループで遊ぶことからスタート

あなたを知ってもらうために、グループで遊んだり食事をしたりする機会をつくることから始めます。あまり知らない男性から突然デートに誘われたら、女性はためらうものです。それに比べてグループでの遊びなら、ハードルが下がり参加率が高まります。

また、前もって男友達にどの女性をゲットしたいかをきちんと話しておきましょう。そして、自然な形であなたの良いところを話してもらうように打ち合わせしておくことが大切です。

同じ職場なら接触回数を増そう!

何度も顔を合わせてしまうと女性はなんとなく気になってしまうものです。例えば、朝会社に着く時間を同じにする、ランチに行くタイミングを同じにするなど、偶然を装って接触する回数を増やしましょう。

女性と接触した時には、会話をしなくてもすれ違いざまに挨拶するだけでOK。女性は目が合うだけでも気になってしまう、心理作戦でのアプローチです。いつも笑顔で、爽やかに接触することを心がけておきましょう。

2.デートができるようになった時のアプローチ

何度かグループで遊び、あなたに対して女性の態度が柔軟になってきたら、デートに誘ってみましょう。何度も顔を合わせる機会を経ていたら、きっと応じてくれるはず。デートまでこぎつけるようになったら、女性があなたに好感を持っているということです。

しかし、デートができるようになったからといっても、焦りは禁物。あなたの思いをじっくりアプローチしていきましょう。舞い上がる気持ちは押さえて、急がば回れ作戦です。

昼間のデートを設定

初めてのデートがディナーという場合もあるでしょう。しかし、可能な限りファーストデートは明るい時間帯に設定し、水族館や美術館などたくさん話さなくてもよいスポットを選べば女性も気を使わずに済みます。

そして帰る時間も明るいうちに。初めから暗い時間までのデートだと警戒心を抱かれてしまうかもしれません。帰る時間にまで気を配るあなたの優しい行動は、大切にしたいという思いを女性にアピールできるのでおすすめです。

会話は6:4で控えめに

自分の良いところを多く話して、気に入ってもらおうとすることは避けます。自慢話になってしまう恐れがあるからです。比率でいえば彼女に6、あなたが4で話します。彼女の話を聞くことを心がけましょう。聞き上手の男性は、好感度が高いものです。

彼女から聞かれたことに誠実に答えることは、自然とあなたの良さのアピールになっていきます。包容力があり理解がある男性だというところを示し、彼女の気持ちを引きつけましょう。

アプローチの小休憩

押すばかりでなく、たまには引いてみるという作戦。特に、モテる女性には使える方法で、毎日連絡を取っていた人は2、3日空けてみましょう。あなたのことを意識させることが効果的にできる方法です。

また、この駆け引きはあなたに対する女性の気持ちがわかるバロメーターにもなります。久々の連絡に女性が喜んでくれれば、心があなたに傾いているという証拠なのです。

3.いよいよ告白

アプローチを重ねていると、女性に脈があると感じる人もいれば、感じない人もいます。どちらにしても好きな女性には、思いを告白しましょう。振られることを心配していては男らしくありませんね。後で後悔することになります。

好きな理由を並べる必要はなく、堂々と短くストレートに告白することです。「心に残る言葉を」と考えすぎると回りくどくなる可能性大。女性に「これって告白なの?」と思われることだけは避けましょう。

シチュエーションも大切

告白されることは、女性にとってうれしい瞬間です。この先お付き合いが始まれば、2人の素敵な思い出となります。ぜひ、告白する場所にはこだわってくださいね。景色がキレイな場所や素敵なレストランなどロマンティックな場所を選びましょう。人が多すぎて告白が聞こえなかったというようなことにならないために、静かな場所がより良いですね。

最後に

好意を持たれるということは、女性にとってはうれしいことです。ほど良い距離感を保ちながらアプローチして、好きになった女性のハートを射止めてくださいね。