ライダースジャケットの着こなしで迷ったら参考にしたいコーデ15選

ライダースジャケットの着こなしで迷ったら参考にしたいコーデ15選

定番アウターのライダースジャケットは着こなし方もさまざま。今回はライダースジャケットを使ったイチオシコーデ15選をご紹介します。

  • サムネイル: Kazuki.T
    Kazuki.T

もくじ

1.インナーで印象が変わるライダースコーデ
2.小物をアクセントにしたライダースコーデ
3.靴を意識したライダースコーデ
最後に

1.インナーで印象が変わるライダースコーデ

ライダースジャケットは、フロントのジップを閉めないことが多いので、インナーに何を着るかで印象が変わります。

シャツ&ネクタイを合わせるコーデ

シャツとネクタイにライダースジャケットを合わせたコーデ。きれいめスタイルを目指す人におすすめです。

チェックシャツを合わせるコーデ

赤のチェックシャツを合わせた、気取らないコーデです。それぞれのアイテムもフィット感があり、スタイリッシュにまとまっています。

デニムシャツを合わせるコーデ

デニムシャツとライダースジャケットのコーデ。柔らかい印象のデニムとラフなライダースジャケットがうまく中和しています。

白Tシャツを合わせるコーデ

白Tシャツにライダースジャケットは、定番中の定番コーデです。チノパンを合わせることで清潔感がグッと上がります。

タートルネックを合わせるコーデ

黒のタートルネックを合わせたコーデ。首回りがすっきりしたライダースジャケットとの相性は抜群です。

2.小物をアクセントにしたライダースコーデ

シンプルなライダースジャケットはデザイン面で差別化しにくいのも事実。そんな時は、遊び心のある小物を取り入れてみましょう。

スヌードを合わせるコーデ

首回りが寂しくなりがちなライダースジャケットには、スヌードを巻いてみましょう。コーデのアクセントになるだけでなく、真冬の寒さ対策にも役立ちます。

マフラーを合わせるコーデ

大判のマフラーと合わせてみてもいいですね。ただし、全体がダボつかないようにライダースジャケットやボトムスは細身のタイプを選びましょう。

グレーのニット帽を合わせるコーデ

硬いイメージのライダースジャケットには、グレーのニット帽を合わせて柔らかい雰囲気に。

ハットを合わせるコーデ

黒ハットを合わせた都会的なコーデ。ハットにはシンプルなシングルライダースがおすすめです。

ハンチングを合わせるコーデ

クリーム色のハンチングを合わせたコーデ。クラシックな印象も感じられる紳士的な雰囲気に仕上がっています。

3.靴を意識したライダースコーデ

ファッションの基本「おしゃれは足元から」は、ライダースジャケットを使ったコーデでも同じです。個性的な靴で周りと差をつけましょう。

赤のスニーカーを合わせるコーデ

思わず足元に目がいってしまう、赤のスニーカーを使ったスポーティなライダースコーデ。

緑のスニーカーを合わせるコーデ

シャツとニットにライダースジャケットできれいめにまとめながら、はずしで緑のスニーカーを取り入れるセンスに脱帽です。

レオパード柄スニーカーを合わせるコーデ

ベロア素材のライダースジャケットにスウェットパンツ、レオパード柄スニーカーを合わせたコーデ。上品なストリート系ファッションといった感じでしょうか。

サイドゴアブーツを合わせるコーデ

有名ミュージシャンなども取り入れていた、サイドゴアブーツとライダースジャケットの組み合わせ。ロックテイストに仕上がっています。

ローファーを合わせるコーデ

ライダースジャケットとローファーでチョイ悪オヤジ風に。シックな色使いがポイントです。

最後に

ライダースジャケットは、大人の品格を上げるアイテムの1つです。自分のスタイルに合ったベストなコーデを目指してみてくださいね。