知っておきたい初詣のマナー&東京で人気の初詣スポット8選

知っておきたい初詣のマナー&東京で人気の初詣スポット8選

新しい一年を迎えるときは初詣に出かけましょう。大人なら知っておきたい参拝のマナーと東京のおすすめスポットをご紹介します。

もくじ

1.意外に知らない初詣の基本知識
2.神社に参拝するときの作法
3.お寺に参拝するときの作法
4.東京で人気の初詣スポット8選
最後に

1.意外に知らない初詣の基本知識

初詣には有名な神社やお寺にお参りしなければいけないと思っていませんか?初詣は地元の氏神様や菩提寺に新年のご挨拶をしてから、好きな場所へ訪れましょう。

初詣に行く時期と参拝に適した時間

「年籠り(としごもり)」が、除夜詣と元日詣に分かれたのが初詣の起源です。そのため元旦か三が日のうちに行くのが理想的です。

三が日に行けない場合は、松の内の間でも良いとされています。松の内とは、関東は7日まで、関西は15日までのことをいいます。

初詣には時間の決まりはありませんが、大晦日の深夜0時をまたぐようにお参りする「年越し参り」や「二年参り」といった形式があります。

2.神社に参拝するときの作法

初詣には身なりを整えて出かけましょう。鳥居をくぐる前に服装を正して、神様への敬意を表して一礼します。真ん中は神様が通る道なので、左右どちらかの端を歩きましょう。

手水舎の作法

参道に進んだら鳥居と同様に真ん中を避けて歩き、参道の脇にある「手水舎」で身を清めましょう。柄杓にくんだ水を使い、右手、左手、口の順に清めていきます。

右手で柄杓に水をくんで左手にかけ、柄杓を持ちかえて右手も清めます。右手の柄杓から左手に水を溜めて口を清めましょう。左手に水をかけたら、柄杓を清め元に戻します。

神前での参拝手順

神前に立ったら、お賽銭を神様へお供えするようにそっと入れます。鈴の緒を持って左右に振りましょう。音を鳴らすことで神仏が降臨するとされています。

「二礼二拍手一礼」が基本の拝礼方法です。背筋を伸ばし深く二礼したら、二拍手してから心こめて祈り、最後に深く一礼します。鳥居を出たら神前に向かって一礼しましょう。

3.お寺に参拝するときの作法

お寺へ入る前に、山門の前に立ち本殿に向かって合掌一礼します。神社と同じように御手洗で身を清めましょう。許可があれば鐘をつき、お線香とロウソクを香炉に捧げます。

本堂に入ったらお賽銭を納めます。姿勢を正したら合掌して深く一礼しましょう。山門を出るときには、本堂に向かって合掌一礼します。

4.東京で人気の初詣スポット8選

ここからは、東京で人気を集める初詣スポットをご紹介します。

渋谷区「明治神宮」

ここからは、東京で人気の高い初詣スポットをご紹介します。参拝客が圧倒的に多いのが「明治神宮」です。元日には新年の誓いをする祭典「歳旦祭」が行われます。

【基本情報】
スポット名:明治神宮(めいじじんぐう)
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
詳細はコチラ

台東区「浅草寺」

浅草のシンボルとなっている雷門を総門に持つのが、「浅草寺」です。元旦から7日まで、「新年大祈禱会(しんねんだいきとうえ)」が行われ、多くの参拝客でにぎわいます。

【基本情報】
スポット名:浅草寺(せんそうじ)
住所:東京都台東区浅草2-3-1
詳細はコチラ

足立区「西新井大師」

足立区にある「西新井大師」は、厄災消除の祈願寺として創建したことから、厄除けの祈願所として有名です。元日は0時に本堂が開扉し、大勢の参拝客が訪れます。

【基本情報】
スポット名:西新井大師(にしあらいだいし)
住所:東京都足立区西新井1-15-1
詳細はコチラ

府中市「大國魂神社」

「大國魂神社」は、創建1900年の歴史ある神社です。福神、厄除け・厄払いの神として知られる、大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)がまつられていてます。

【基本情報】
スポット名:大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
住所:東京都府中市宮町3-1
詳細はコチラ

千代田区「神田神社」

神田明神の名で知られる「神田神社」は、江戸総鎮守として江戸を守護しました。御祭神は、縁結びの「だいこく様」、商売繁昌の「えびす様」、除災厄除の「平将門命」です。

【基本情報】
スポット名:神田神社(かんだじんぐう)/神田明神(かんだみょうじん)
住所:東京都千代田区外神田2-16-2
詳細はコチラ

八王子市「高尾山薬王院有喜寺」

「高尾山薬王院有喜寺」では「迎光祭(初日の出)」が行われ、大晦日の夜からにぎわいます。天狗信仰の霊山で、ご利益は除災開運や災厄消除、招福万来などの衆生救済です。

【基本情報】
スポット名:高尾山薬王院有喜寺(たかおさんやくおういんゆうきじ)/高尾山薬王院(たかおさんやくおういん)
住所:東京都八王子市高尾町2177
詳細はコチラ

葛飾区「柴又帝釈天」

「柴又帝釈天」は、映画「男はつらいよ」で寅さんが産湯をつかったことで知られるお寺です。参道にある屋台も人気で、名物の草団子は食べておきたいところ。

【基本情報】
スポット名:柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)
住所:東京都葛飾区柴又7-10-3
詳細はコチラ

千代田区「日枝神社」

神前結婚式で知られる「日枝神社」は、縁結びや恋愛成就にご利益がある神様です。元旦には「大絵馬展」が開催され、厳選された干支絵馬が展示・授与されます。

【基本情報】
スポット名:日枝神社(ひえじんじゃ)
住所: 東京都千代田区永田町2-10-5
詳細はコチラ

最後に

大晦日を迎えると、いよいよ新年へのカウントダウンが始まります。初詣に出かけたら、神社やお寺の作法を守って参拝しましょう。