【2018最新】ジャケット│メンズの大人な着こなし方│徹底解説

【2018最新】ジャケット│メンズの大人な着こなし方│徹底解説

ジャケットの「大人な着こなし方」をマスターして輝くメンズに。覚えておきたい基本と、着こなし方のコツをたっぷりご紹介します。

もくじ

1.ジャケットは大人のメンズの必須アイテム
2.メンズジャケットの選び方
3.メンズジャケットに合う大人のインナー
4.メンズジャケットの着方アレンジ
5.メンズジャケットをカジュアルに着るコツ
6.メンズジャケットをセンス良く着るコツ
最後に

1.ジャケットは大人のメンズの必須アイテム

大人のメンズファッションを語るうえで、必須アイテムとされているのがジャケット。品のあるデザインとシルエットは、洗練されたシックなメンズコーデに導いてくれるのはもちろん、カジュアルな装いにきちんと感をプラスしてくれます。

つまりカジュアルからきれいめまで対応可能という、幅広いおしゃれを楽しめる魅力的な存在。とはいえ、どのようにジャケットを選び、どう着こなすかが最大のポイントなのです。

2.メンズジャケットの選び方

メンズのジャケット選びで気をつけたいのが色のチョイス。流行りの色を選ぶよりは、黒やグレー、ネイビーといった落ち着きのある色が着回しやすくておすすめです。インナー選びも迷いにくく、明るい色との相性が良いうえ、コーデ全体を引き締めてくれますよ。

また大人のメンズとしてこだわりたいのが素材感。程良く厚みがあるウールやツイード素材のリッチな雰囲気のジャケットは、ハイセンスなコーデ作りに役立ちます。

スタイリッシュなメンズという印象を与えるジャケットだからこそ、サイズ選びも慎重にいきたいところ。試着するときは前ボタンを留めて、肩や腕が窮屈ではないか軽く動かしてみることが大切です。

そして見逃しがちなのがバックスタイルでしょう。襟の下部分にシワができていないか、肩甲骨あたりに縦ジワは出ていないかを確認しておくが必要です。シワができていればジャケットと肩幅が合っていないことになります。

ジャケットを試着したときに、必ずチェックしておきたいのが袖丈です。手の甲が隠れると着られている印象に。理想の長さは腕を下ろした状態で、シャツが1センチ見える程度です。腕時計やブレスなどが見え隠れする長さで、色気のある手元になりますよ。

またジャケットの着丈はデザインによって異なりますが、スタイリッシュなメンズをアピールするならヒップがすっぽり隠れるのではなく、ちょうど隠れる長さがベストです。

品よくジャケットを着こなしたいなら、Iラインシルエットでスッキリとまとめるのがポイントです。上下共にタイトなデザインを選んで、洗練されたメンズコーデに。

またゆったりとしたデニムやチノパンなどで、カジュアルにジャケットを楽しみたいときは、Aラインシルエットを意識すると、バランスの取れたメンズスタイルを作ることができます。鏡を見ながら着用すると、全体のシルエットの重要さに気付きますよ。

3.メンズジャケットに合う大人のインナー

清潔感のあるシャツはもちろん、暖かみのあるニットがジャケットのインナーとして大活躍します。ワンランク上のメンズコーデを目指したいときは、ニットの色や柄、編み方に特徴のあるものを選ぶほか、上質のカシミヤなど素材感にこだわってセレクトするのもおすすめです。

もちろんシャツとニットを重ねても。ニットの襟元や裾からシャツを見せてジャケットを羽織れば、ひと味違うメンズスタイルが楽しめます。

4.メンズジャケットの着方アレンジ

定番のジャケットといえばテーラード。シンプルなルックスですが、襟部分を立ち上げるとスタンドカラー風に着用できます。ジャケットをクールに着こなしたり、モードっぽく決めたりしたいときに最適です。

さらにジャケットの襟の内側にプリントスカーフやストールを合わせて、センスアップをはかるのもおすすめ。ノーマルなテーラードジャケットも、襟をどうアレンジするかでより魅力的なメンズコーデになるわけです。

貫禄のあるダブルジャケットは、フロントを開けてラフに着るのはもちろん、前で合わせてボタンをひとつだけ留めれば、ファッショニスタ流の着こなしに。簡単に取り入れることができるうえ、おしゃれに見えるというのが嬉しいポイントです。

ジャケットに胸ポケットがある場合は、チーフを添えてアクセントにするのもおすすめです。華やかさがプラスされて、よりインパクトのあるメンズスタイルが完成します。

5.メンズジャケットをカジュアルに着るコツ

メンズのジャケットをきれいめカジュアルに着こなしたいときは、スニーカーが味方になります。白スニーカーは、着こなしのポイントになりますし、黒スニーカーは足元を引き締めるのに効果的。特にローカットスニーカーと好相性なので、ワードローブに加えておくと便利です。

またハイカットスニーカーやハイテクスニーカーもおすすめ。カジュアル度を高めつつ、個性的なメンズのジャケットスタイルを演出できます。

6.メンズジャケットをセンス良く着るコツ

メンズジャケットをセンス良く着こなしたいなら、Gジャンやダウンベストをインナーとして取り入れるのが効果的です。斬新かつ新鮮なレイヤードで注目度の高い着こなしに。このときパンツはスラックスなど、スマートなものを選ぶのがコツです。

さらに足元にはローファーやウィングチップといった、ドレスな靴をセレクト。インナーだけをカジュアルにして、他はシックに装えばモテる大人のメンズコーデが完成します。

最後に

ジャケットをセンス良く着こなすことができれば、おしゃれ上級者の仲間入りです。ジャケット選びに妥協せず、着こなし方のコツをつかんで幅広いメンズコーデを楽しんでくださいね。