【キャリーバッグ編】モテるブランドの選び方

【キャリーバッグ編】モテるブランドの選び方

出張や旅行など、日常生活のあらゆるシーンで重宝するキャリーバッグ。高機能でデザイン性が高いキャリーバッグのモテブランドを紹介します。

  • サムネイル: Shinichi.F
    Shinichi.F

もくじ

1.リモワ(RIMOWA)
2.グローブトロッター(GLOBE-TROTTER)
3.ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)
4.サムソナイト(Samsonite)
5.ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)
6.ビクトリノックス(VICTORINOX)
7.トゥミ(TUMI)
8.マンダリナダック(MANDARINA DUCK)
最後に

1.リモワ(RIMOWA)

1898年にポールモルシェックがスタートしたドイツのキャリーバッグブランドである、リモワ。画像のキャリーバッグは、落ち着いた色合いが特徴の、ブラックのアルミニウム素材が用いられた、リモワの代表モデル「トパーズ」です。スタイリッシュなデザイン性と、TSAロックやマルチホイールなどの高い機能性が魅力。

ダークなカラーリングのスーツスタイルと合わせれば、仕事ができる魅力的な男性のイメージに仕上げられます。

【基本情報】
商品名:TOPAS トパーズ
参考価格:119,998円(税込)
詳細はコチラ

2.グローブトロッター(GLOBE-TROTTER)

1897年にデビッドネルキンがスタートした、イギリスのキャリーバッグブランドである、グローブトロッター。画像のキャリーバッグは、特殊な紙を樹脂でコーティングしたネイビーのヴァルカンファイバーが用いられた、グローブトロッターの人気定番モデル「センテナリー」。シンプルでミニマルなデザインがスタイリッシュです。

スーツスタイルはもちろん、敢えてラフなスタイリングに合わせれば、おしゃれ上級者を演出できます。

【基本情報】
商品名:センテナリー18インチ トロリーケース ネイビー
価格:183,600円(税込)
詳細はコチラ

3.ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)

1938年にアールPハリバートンがスタートした、アメリカのバッグブランドである、ゼロハリバートン。画像のキャリーバッグは、メタリックな光沢が特徴の、ブラックのアルミニウム素材が用いられたアイテム。2本の線状の凹凸であるダブルリブのモダンなデザインと、TSAロックやポケット付きデバイダーなどの機能が魅力です。

キャリーバッグから放たれる上品な輝きで、華やかな印象のモテコーデに仕上げることができます。

【基本情報】
商品名:アルミニウム キャリーケース ZRG219-BK
参考価格:79,800円(税込)
詳細はコチラ

4.サムソナイト(Samsonite)

1910年にジェシーシュウェイダーがスタートした、アメリカのキャリーバッグブランドである、サムソナイト。画像のキャリーバッグは、ソフトで軽量感のあるブルーのポリエステルが用いられたアイテムです。機内持込対応サイズに豊富に設けられたポケット、伸縮可能なハンドルにTSAロックなど、機能性の高さが魅力です。

軽快な素材感と高い機能性がルックスに反映されており、経験豊富で旅慣れた、モテる男性を演出できます。

【基本情報】
商品名:アスフィア スピナー55
価格:29,160円(税込)
詳細はコチラ

5.ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

1966年にスタートした、イタリアのラグジュアリーファッションブランドである、ボッテガヴェネタ。画像のキャリーバッグは、上質でソフトな風合いの、パシフィックブルーのカーフレザーが用いられたアイテムです。シンプルでミニマルなスクエアシルエットに、メッシュ状のイントレチャートがスタイリッシュなアクセントを添えています。

上質な素材感から放たれるエレガントなイメージで、本物を知る大人の男性を演出できます。

【基本情報】
商品名:トロリー キャリー スーツケース
参考価格:432,000円(税込)
詳細はコチラ

6.ビクトリノックス(VICTORINOX)

1884年にカールエルズナーがスタートした、スイスのプロダクトブランドである、ビクトリノックス。画像のキャリーバッグは、きめ細かなレッドのナイロン素材が用いられたアイテム。機内持込に対応したサイズ、耐久性を高めた8ホイールのキャスター、PCポケット機能など、利便性の高さが魅力です。

携行物をスマートに整理して収納できるキャリーバッグに仕上げられており、有能でモテる男性をさり気なくアピールできます。

【基本情報】
商品名:レキシコン20デュアル・キャスター
価格:66,000円(税別)
詳細はコチラ

7.トゥミ(TUMI)

1975年にチャールズJクリフォードがスタートした、アメリカのバッグブランドである、トゥミ。画像のキャリーバッグは、耐久性の高いHTLSポリエステル素材が用いられたアイテム。コンパクトなサイズでありながら、PCや書類ポケットからペンホルダーなどまで、収納面での機能性が高められているのが魅力です。

ビジネス仕様の多機能モデルなので、スーツスタイルに合わせてデキるビジネスマンを演出するのにおすすめです。

【基本情報】
商品名:ARRIVE「マッカレン」ウィールド・ブリーフ・ウィズ・ラップトップ・インサート
価格:194,400円(税込)
詳細はコチラ

8.マンダリナダック(MANDARINA DUCK)

1977年にパオロトレントとピエトロマンナートがスタートした、イタリアのバッグブランドである、マンダリナダック。画像のキャリーバッグは、軽量感のあるポリカーボネート素材が用いられたアイテム。機内持込対応にTSAロックなどの機能性と、丸みを帯びたモダンなシルエットが魅力です。

マリンカラーのスポーティなイメージに仕上げられており、カジュアルなコーデに合わせればユーモアのあるモテスタイルを演出できます。

【基本情報】
商品名:Logoduck
参考価格:60,440円(税込)
詳細はコチラ

最後に

今回ご紹介したブランドのキャリーバッグは、いずれも優れた機能性を有したデザイン性の高いものばかりです。これらのブランドのキャリーバッグをあらゆるシーンに携行して、モダンなモテスタイルに仕上げましょう。