シンプルな【ニット】をスタイリッシュに着こなす大人の秋冬コーデ

シンプルな【ニット】をスタイリッシュに着こなす大人の秋冬コーデ

暖かいニットが手放せない季節。今回はニットの中で一番オーソドックスなセーターをコーディネートに活かす着こなしをご紹介します。

もくじ

1.男のニット
2.襟の種類
3.アウターとのコーディネート
最後に

1.男のニット

冬の必須アイテムのニットの中でも定番のシンプルなセーター。大人の男性ならウールやカシミアといった上質なものを長く着ていきたいですね。

ウール・カシミアのセーターの取り扱い方法

ウールやカシミアのセーターを長持ちさせるには、日頃の手入れが大切です。汚れはまめに服用ブラシで軽く落とすだけでも持ちが違います。

【基本情報】
商品名:BEAMS / 畔編み クルーネックニット
価格:14,904円(税込)
詳細はコチラ

セーターを買ったら洗濯表示をチェックしましょう。ドライ表示が出ていたらクリーニングに出すのが安心ですが、ポイントを押さえれば自分でもきれいに洗濯できます。

自分で洗うときは、縮んだり型崩れしないように注意が必要です。おしゃれ着用の中性洗剤で、30度以下の水で優しく押し洗いし、軽く絞ったら形を整えてネットの上で乾かします。

【基本情報】
商品名:セーター干しネット SW-1
参考価格:1,931円(税込)

2.襟の種類

ニットの襟は、主なものにクルーネック、Vネック、タートルネックと3種類の襟のタイプがあります。タイプ別の特徴や着こなしのポイントを見てみましょう。

クルーネック

シンプルな丸襟のクルーネックタイプ。どんなスタイルにも合わせることができ、Tシャツやシャツに重ねるレイヤードも上品にきまります。

インナーの白シャツで明るさを加えた黒のクルーネックセーター。シャツの襟はあえて出さないのもポイントです。

Vネック

胸の開いたVネックは男らしさを演出できるデザインです。素肌に着たり、襟の開いたTシャツをインナーに合わせるとワイルドな着こなしに。

襟のVの深さが違うとまた印象が変わります。白のクルーネックTシャツに浅いVネックのセーターを合わせ品よくスタイリッシュにまとめたスタイル。

タートルネック

ネックラインをすっきりと見せるタートルネックは、コートとの相性も良く、シンプルで洗練されたコーディネートが楽しめます。

厚手のアランのタートルネック。ジャストサイズで着ると、ワイルドで男らしい印象に。

3.アウターとのコーディネート

冬はニットとアウターとのレイヤードが楽しめる季節でもあります。カラー別にコーデのポイントを押さえておきましょう。

モノトーンコーデ

冬のクールなモノトーンコーデは白の効かせ方がポイントに。白シャツ以外をオールブラックアイテムで統一することで白をポイントに際立たせています。

こちらも白シャツをインナーに明るさを加えたスタイル。蛍光カラーのスニーカーで、モードでポップなテイストをさりげなく加えています。

ワントーンコーデ

グレイッシュカラーアイテムで統一した洗練された印象のワントーンコーデ。セーターの下から覗かせた白Tシャツと白スニーカーで爽やかにまとめています。

チャコールグレーのセーターにカーキのコートを合わせたワントーンコーデ。黒のクラッシュデニムできれいめコーデにハズしを加えてワイルドテイストをプラスしています。

シックなブラウンコーデ

シンプルなグレーのセーターとジーンズのコーデにブラウンの大人カラーのスタジャンを合わせたスタイル。さりげなさのバランスが絶妙の大人のスタイルです。

茶のワークブーツが、グレーのセーターとジーンズ、ベージュのコートに馴染んだ上品なワイルドコーデです。ワインカラーのニット帽がシックな差し色に。

鮮やかなカラーコーデ

発色のきれいな山吹色のセーターにグリーンのコートを合わせたスタイル。インナーのグレージャケットとジーンズで大人っぽい淡いグラデーションを加えています。

グレーのセーターとパンツにオレンジのコートが映えるモードなスタイルです。赤茶色の光沢のある靴と深いレッドのニット帽がシックな差し色に。

最後に

セーターを選ぶならまずはシンプルで程よいフィット感のセーターがおすすめです。レイヤードが楽しめる冬こそセンスの見せ所、自分にあった着こなしを見つけましょう。