ストレッチ│簡単だから続けられるセルフストレッチ│気になる効果

ストレッチ│簡単だから続けられるセルフストレッチ│気になる効果

毎日気軽にできる簡単なストレッチで効果が出るの?と疑問に思っている方必見。気になる効果やストレッチについて簡単に解説します。

もくじ

1.ストレッチ効果を高めるおすすめの時間帯
2.体のどこが硬い?簡単セルフチェック
3.誰でも簡単!寝る前のゆるゆるストレッチ
最後に

1.ストレッチ効果を高めるおすすめの時間帯

1日の中で体を動かしやすい時間帯やタイミングがあり、そのタイミングでストレッチを行うことで、ストレッチ効果が期待できます。効果を出すには時間帯がポイントです。

朝起きた後よりも「夜寝る前」がおすすめ

筋肉は血液やリンパ液を流すポンプの役割もあるため、ストレッチで筋肉の収縮運動を繰り返すことにより、呼吸や気血の流れを穏やかにする効果が期待できます。

血液がスムーズに流れたことや呼吸が深まったことで体が温まると、リラックスしているときに働く副交感神経が優位になり、脳や体はリラックスモードに切り替わるのです。

夜寝る前は、この副交感神経が働くことで安眠へと繋がります。寝る前のストレッチは、睡眠時の質を良くする手助けをしてくれるため、ベストなタイミングといえます。

活発に体を動かす「昼」もストレッチに最適

1日の中で運動量が増える昼は、筋肉を動かしやすい状態になるため朝よりもストレッチしやすくなります。特に体が硬いという方は、体が慣れてきた昼に行うといいでしょう。

入浴後はストレッチを行うベストタイミング

昼にストレッチをするのと同様に、入浴後は体が温まっている状態のため、ストレッチを行うにはベストタイミングです。入浴後は特に苦手なストレッチを行うのがおすすめ。

ベストタイミングを選ぶことで効果を出そう!

継続しても効果が出なければ悲しいですよね。しっかりと日々のストレッチ効果を発揮するためにも、筋肉が動きやすいベストなタイミングを見計らうことが大切です。

2.体のどこが硬い?簡単セルフチェック

「体が硬い」と自覚があっても、具体的に硬いところを認識できていますか?自分の体を把握することも、ストレッチ効果を高めるキーとなります。まずはセルフチェックを。

セルフチェックポーズ「矢印」

両足を揃えて立ちます。両腕を横から持ち上げ、頭の上で指を組み人差し指を立てて、矢印の姿勢になりましょう。

動作1

矢印姿勢のまま、息を吐きながら上半身を右へ倒します。体が三日月型になるように、背骨をしならせましょう。呼吸をしながらキープし、体の伸びを確認します。

動作2

吸いながら元の姿勢に戻り、息を吐きながら上半身を左へ倒します。同様にキープしながら体の伸びを観察しましょう。吸う息とともに元の姿勢に戻ります。

動作3

吐きながら上半身を後ろに反らせます。顎を引いて喉元は緩やかなままキープ。足の付け根を前に押し出すように体をしならせます。10秒キープしたら吸いながら元の姿勢へ。

動作4

息を吐きながら上半身を前に倒します。前屈の姿勢になったら両手を開放し、呼吸をしながら体の伸びを観察。10秒ほどキープ後、息を吸いながら上半身を起こします。

硬い部分を認識!意識してストレッチしよう

前後左右の動きをくまなく行う矢印のポーズは、硬い部分を見つけやすいストレッチです。体の柔軟性を具体的に知ることで、より意識してストレッチを行いやすくなります。

ストレッチは柔らかくしたい部位を意識して行うことが、効果を高める近道。なんとなくではなく、伸ばしたい部分を具体的に意識してストレッチを行いましょう。

3.誰でも簡単!寝る前のゆるゆるストレッチ

寝る前に無理なく簡単にできる、ゆるゆるストレッチをご紹介します。継続することで、柔軟性UPや様々な美容・健康効果も期待できますよ。

ガス抜き&ハッピーベイビーポーズ

できればストレッチは布団ではなくフロアにマットを引いて行うのがおすすめです。準備ができたら仰向けに寝ましょう。全身の力を抜いてリラックス。

両足を揃え、体を真っ直ぐに整えます。吸う息で右膝を胸に引き寄せ両手で抱え、息を吐いて足の付け根を圧迫。お腹を膨らませながら呼吸を繰り返します。

心地よい時間キープしたら吐く息で右足を開放し、左足も同様に行いましょう。最後は両膝を引き寄せ同じようにキープし、ガス抜きのポーズです。そのまま両手を内腿へ。

可能な方は両手でつま先を掴みます。ゆっくりと開脚し、膝を伸ばせる方は伸ばしましょう。お尻の骨を土台にゆらゆらと揺れてハッピーベイビーポーズです。

心地よいところでキープを止め、仰向けに戻り一息つきます。そのままベッドインできる方は、どうぞ深い眠りへ。

最後に

これで効果が出るのかな?という簡単なストレッチでも、継続して行うことで柔軟性UPや疲労・むくみ解消などの効果が期待できます。無理せず気軽な気持ちで続けてみてくださいね。