【デニムジャケット編】モテるブランドの選び方

【デニムジャケット編】モテるブランドの選び方

トレンドに左右されず長く愛され続けているデニムジャケット。モテたい大人メンズにおすすめのブランドを紹介していきます。

もくじ

1.リーバイス(Levi's)
2.リー(Lee)
3.エドウィン(EDWIN)
4.ディーゼル(DIESEL)
5.ラングラー(Wrangler)
最後に

1.リーバイス(Levi's)

1853年にリーバイス・ストラウスによってアメリカで創業。世界的にもデニムで有名なアパレルブランドとして認知されています。ゴールドラッシュに沸くアメリカ西部で、労働者向けの作業用ズボンを製造、販売したことをきっかけにリーバイスのジーンズが誕生しました。

リーバイスのデニムジャケットは、耐久性が高く型崩れしにくいため長く愛用する人も。自分だけの「アタリ」や色の変化を楽しめるのも魅力です。

リーバイスのデニムジャケットは、大きく3つのモデルに分類できます。一番新しいタイプ3は最近の主流。人気もさることながら、比較的入手しやすいためこれからデニムジャケットを手に入れようと考える方におすすめです。

季節問わず使えるライトインディゴブルーのトラッカージャケット。とことんカジュアルを楽しみたい大人のオフタイムに取り入れたい一着です。

【基本情報】
商品名:TYPE IIIトラッカージャケット
価格:11,880円(税込)
詳細はコチラ

2.リー(Lee)

リー(Lee)は、1889年にアメリカで誕生したブランドです。創業当時はデニムのブランドではなく、食品や雑貨の卸売業でした。1911年に、独自に衣料用品の開発を始めたことがデニムブランドとしての始まりとなっています。

リーバイス、ラングラーと並んでアメリカの三大ジーンズブランドとしても有名なリー。1970年代に本格的に日本に上陸して以来、定番ジーンズブランドとして多くの方にこよなく愛されています。

リーのデニムジャケットの定番といえば「101J」。有名セレクトショップなどでもコラボアイテムを発表するなど、人気のあるモデルとなっています。

新シリーズの「HI-STANDARD」は、特殊なデニム生地を使用することで色落ちがしにくいのが特徴。中にボアが施されているデニムジャケットなので、寒い冬でも大活躍すること間違いなしです。

【基本情報】
商品名:HI-STANDARD ボアデニムジャケット
価格:20,520円(税込)
詳細はコチラ

3.エドウィン(EDWIN)

日本のデニムブランドとして最も有名なエドウィン。1947年に創業した「常見米八商店」がアメリカから輸入していた中古のジーパンを販売。1960年代に入り、日本で初めて自社の技術によりジーパンの製造販売を始めたのがエドウィンのルーツです。

エドウィン(EDWIN)のブランド名はDENIMのDとEを反転させ、NIMを180度回転することにより「EDWIN」となっているのは知る人ぞ知る豆知識です。

「WILD FIRE」シリーズのデニムジャケットは、表地、フィルム、裏地の「三層構造」素材を使用しています。中間の特殊フィルムは、外気を遮断し中の湿気を放出する効果があるため、保温性と通気性に優れています。

胸にフラップ付ポケットがついた、飽きがこないスタンダードなデザイン。ストレッチが効いていて動きやすく、長く愛用できる定番の一着にぴったりです。

【基本情報】
商品名:WILD FIRE デニムジャケット
価格:14,040円(税込)
詳細はコチラ

4.ディーゼル(DIESEL)

1978年にイタリアで創立されたカジュアルブランドであるディーゼル(DISEL)。ブランド名には、「ディーゼル燃料のように世の中を活気づけたい」という創業者の思いが込められています。

ディーゼルのデニムの特徴は、デザインから生地・縫製まですべてを本国イタリアで行っているのが特徴です。リーバイスやエドウィンとは一線を博したプレミアム感やヴィンテージ感は独自の地位を築き上げています。

ジョグジーンズのスウェット素材のため、着心地も抜群がデニムジャケット。ディーゼルのこだわりが感じられる高いデザイン性から、1枚着でインパクトを与えられます

スーパーストレッチデニムを使用したエルボーパッチは、もともとの形を崩さないように設計。絶妙なブリーチ加工がコーディネートをクールな印象に引き締めます。コートのインナーとしてもゴワつくことなく快適に着られるのでおすすめです。

【基本情報】
商品名:JAMBRA DR JOGGJEANS
価格:63,720円(税込)
詳細はコチラ

5.ラングラー(Wrangler)

1919年に創業。リーバイス、リーと並んでアメリカの三大デニムブランドとして知られています。世界で始めてファッションデザイナーを起用し、当時は作業着としてのイメージが定着していたジーパンをファッション性の高いアイテムとして提供しました。

ラングラーのデニムジャケットは、積極的に細部の仕様などを変更し、機能向上などモデルチェンジを図っていたため、さまざまな種類があるのが特徴です。

11MJZは、1940年代にカウボーイ向けに販売された名作を復刻したモデルです。デニムジャケットには珍しいジップアップなど、当時のデザインを元に現代風のアレンジを加えてあります。

肩の部分にはプリーツが入っているため窮屈にならない工夫も。アシンメトリックに配したポケットも他にはないポイントになっています。

【基本情報】
商品名:11MJZ デニムジャケット
価格:15,120円(税込)
詳細はコチラ

最後に

大人カジュアルの定番アイテムであるデニムジャケット。アウターとしてはもちろん、寒い時期にはコートのインナーとして着用してもおしゃれ。お気に入りの一着を普段のコーデに取り入れてみてはいかがでしょうか。