【ショルダーバッグ編】モテるブランドの選び方

【ショルダーバッグ編】モテるブランドの選び方

スーツスタイルからカジュアルスタイルまで、シーンを選ばず使える点が人気のショルダーバッグ。クールなモテブランドを紹介します。

  • サムネイル: Shinichi.F
    Shinichi.F

もくじ

1.サルヴァトーレフェラガモ(Salvatore Ferragamo)
2.オロビアンコ(Orobianco)
3.フェリージ(Felisi)
4.タスティング(TUSTING)
5.アニアリ(aniary)
6.ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)
7.エルイーディーバイツ(L.E.D.BITES)
8.輪怐(LIN-KU)
最後に

1.サルヴァトーレフェラガモ(Salvatore Ferragamo)

1927年にスタートしたイタリアのラグジュアリーブランドである、サルヴァトーレフェラガモ。エレガントなデザインをベースとした、クラフツマンシップあふれるアイテムを展開しています。

画像のショルダーバッグは、ソフトでエレガントな起毛感が特徴の、ダークブラウンのスエードレザー素材が用いられたアイテムです。シンプルなスクエアシルエットに、サイズの異なるフラップやゴールドの留め金がアクセントを添えています。

【基本情報】
商品名:Triumph Suede Bag
参考価格:702,900円(税込)
詳細はコチラ

2.オロビアンコ(Orobianco)

1996年にジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニがスタートしたイタリアのバッグブランドである、オロビアンコ。スマートで軽快なデザインのバッグを中心に展開しています。

画像のショルダーバッグは、きめ細かな素材感と上品な光沢が特徴の、リモンタ社製のナイロン素材が用いられたアイテムです。緩やかに丸みを帯びた横型のシルエットがスタイリッシュ。斜めに配されたフロントファスナーがモダンな雰囲気を演出しています。

【基本情報】
商品名:SILVESTRA-C
価格:36,720円(税込)
詳細はコチラ

3.フェリージ(Felisi)

1973年にアレッサンドロ・フェリージがスタートしたイタリアのバッグブランドである、フェリージ。上質でスタイリッシュなアイテムを展開しています。

画像のショルダーバッグは、カモフラージュ柄が施されたリモンタ社製のナイロン素材が用いられたアイテムです。カジュアルなイメージの柄を、丁寧なパターンワークや縫製、レザー素材の使い方などでエレガントな印象に昇華させているのが魅力です。

【基本情報】
商品名:2ウェイ ショルダーバッグ 10/53/CF+A
価格:84,240円(税込)
詳細はコチラ

4.タスティング(TUSTING)

1875年にロバート・タスティングがスタートしたイギリスのレザーバッグブランドである、タスティング。上質なレザーを用いたクラシックなアイテムを展開しています。

画像のショルダーバッグは、柔らかな風合いと豊かな光沢が特徴で、ネイビーのレザーが用いられたアイテムです。スリムでミニマルな横型シルエットに、角部分やストラップ部分に用いられたブラックのレザーが、ユニークなカラーコントラストを演出しています。

【基本情報】
商品名:Stour
参考価格:23,965円(税込)
詳細はコチラ

5.アニアリ(aniary)

1997年にスタートした日本のレザーバッグブランドである、アニアリ。鮮やかな発色と高度な加工が施されたレザーを用いた、職人気質なデザインのアイテムを展開しています。

画像のショルダーバッグは、熱加工により生じた自然なシワ感とエレガントな光沢が特徴の、ブラックのシュリンクレザーが用いられたアイテム。丸みを帯びたコンパクトなスクエアシルエットに、フロント部分に大きく配されたファスナーがユーモラスです。

【基本情報】
商品名:07-03003 シュリンクレザー ショルダーバッグ
価格:27,000円(税込)
詳細はコチラ

6.ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)

2012年にスタートした日本のハイエンドなレザーバッグブランドである、ペッレモルビダ。「優雅な船旅」をコンセプトに、エレガントな素材感とスタイリッシュなデザインのレザーバッグを展開しています。

画像のショルダーバッグは、豊かなツヤ感と品のあるシボ感が特徴の、鮮やかなブルーのシュリンクレザーが用いられたアイテムです。幾何学的なパターンワークと、使い勝手の良いさりげないファスナー使いが印象的。

【基本情報】
商品名:Maiden Voyage MB043-エディターズバッグ
価格:51,840円(税込)
詳細はコチラ

7.エルイーディーバイツ(L.E.D.BITES)

2000年にスタートした日本のハイセンスなバッグブランドである、エルイーディーバイツ。「大人のモードカジュアル」をコンセプトに、挑戦的な加工が施された素材使いのアイテムを中心に展開しています。

画像のショルダーバッグは、スムースな質感と落ち着いた光沢が特徴の、オレンジのキップレザーが用いられたアイテムです。外周のファスナーを開くことにより、マチが広がって容量が増やせる仕様になっているのがポイント。

【基本情報】
商品名:ショルダーバッグ(中)カウアッシュ B128
価格:23,760円(税込)
詳細はコチラ

8.輪怐(LIN-KU)

2003年にスタートした日本のバッグブランドである、輪怐。ユニークでモードなデザインと、確かな技術に裏打ちされた個性的な加工の素材使いが特徴です。

画像のショルダーバッグは、テント用の素材にも使用される、耐久性と防水性に優れたターポリン素材が用いられたアイテム。独特の形状のフラップがスタイリッシュな一品。メタリックなシルバーカラーに、角部分に施されたブラックのレザーがエレガンスを添えています。

【基本情報】
商品名:旭(あさひ)ショルダーバッグ
価格:31,320円(税込)
詳細はコチラ

最後に

今回ご紹介したブランドのショルダーバッグは、どれも小粋なユーモアやスタイリッシュなディテールワークが取り入れられた、クールなものばかりです。これらのショルダーバッグでコーデをスマートに仕上げましょう。