【チノパン編】モテるブランドの選び方

【チノパン編】モテるブランドの選び方

流行関係なく長く使えるオーソドックスなアイテムにこそ、いいものを選びたいもの。上質なチノパンに定評のあるブランドをご紹介します。

もくじ

1.チノパンは男のスタンダードアイテム
2.ディッキーズ
3.カーハート
4.オーシバル
5.オアスロウ
6.ジョンブル
最後に

1.チノパンは男のスタンダードアイテム

綾織りという特殊な織り方で作られているチノクロスという生地を用いたチノパンは、しわが寄りにくく丈夫な生地が特徴です。その質実剛健な素材の特質を生かし、もともとは軍用やワークウエアとして使われていました。はき倒すほどに味のある風合いが出せるチノパンは、男性らしさを際立たせるモテアイテムと言えるでしょう。

今やチノパンはアメカジスタイルだけでなく、ジャケットと合わせてきちんと着こなせばビジネスウェアとしても活躍。また独自の光沢感があるので、綺麗な靴と合わせてドレスアップすればパーティーの場などにもはいて行くことができます。流行と関係なくどんなスタイルにも合わせることができて一年を通して使える、まさに男の定番とされる便利なアイテムなのです。

このように、一つ持っているだけでずっと使い続けられるスタンダードなアイテムだからこそ、チノパン選びにはこだわりたいもの。質の良いチノパンを選ぶには、チノパン本来の持つ、男気のあるタフな作りに定評があるブランドをチェックしましょう。縫製や素材にこだわった独自のもの作りを行っているブランドを厳選してご紹介します。

2.ディッキーズ

1992年アメリカのテキサス州で生まれたワークカジュアルブランドのディッキーズは、機能的でタフな作りのチノパンに定評があります。全米の工場や米軍でも採用されるほか、現在では世界各国で展開され、タウンウエアとしても多くの人に愛用されているディッキーズのチノパン。アメカジ好きの人はもちろん、ワークウエア独自のシャキっとした質感を活かしてチノパンをはきこなしたい人にもおすすめです。

ディッキーズを代表する定番の874オリジナルワークパンツは、ディッキーズのチノパンの中でも日本で一番人気のデザイン。3M社製のスコッチガードによって、水や油、泥などあらゆる汚れから守ります。センタープレスは洗濯しても落ちないためいつもきちんとした印象。ハリ感のあるラインが楽しめます。安価でカラーバリエーションも豊富なので色違いやサイズ違いで揃えてみるのも良いですね。

【基本情報】
商品名:874ワークパンツ カーキ
価格:5,500円(税別)
詳細はコチラ

3.カーハート

1889年創立のアメリカの老舗ワークブランド、カーハートは頑丈なワークウエアならではの作りと男らしいデザインが特徴です。アメリカとは別にUKカーハートというヨーロッパラインを持ち、ステューシーなどの人気ブランドともコラボ製品を発表。ストリート系の流行に敏感な若者に人気のファッション性の高いワークブランドです。

この「TWILL WORK PANT」は光沢感を抑えた生地で、太めのストレートシルエットが特徴。フライトジャケットやGジャンと合わせたヴィンテージ風のアメリカンカジュアルスタイルにぴったりです。また、ストリート感覚でラフに大きめのものを選んで落としてはき、トレーナーやワークブーツと合わせたカジュアルな着こなしも楽しんでみてはいかがでしょう。

【基本情報】
商品名:CARHARTT TWILL WORK PANT B290 BSM00054
参考価格:7,800円(税込)
詳細はコチラ

4.オーシバル

フランスのブランド、1939年に創業のオーシバル。ブランド名はフランス中部の同じ村の名前からつけられています。オーシバルを代表するフランス海軍の制服として使用されていた、マリンTシャツを目にしたことがある人も多いのでは。ミリタリーを手がけるブランドとしての素材と作りの良さと耐久性に加え、フランスならではのシックなデザインテイストを兼ね備えているのが特徴です。

オーシバルのワーカーズチノは高密度なチノを使用した 光沢感のある風合いが特徴です。コインポケットもついた5ポケットで、昔ながらのディテールにこだわりつつ、デザインは現代風なテイストに仕上げています。上品なシルエットなので、ブレザーなどのシャツやジャケットと合わせたきれいめなコーディネートもおすすめです。

【基本情報】
商品名:ORCIVAL オーシバル メンズ ワーカーズチノ「RC-2544HSL」
参考価格:14,904円(税込)
詳細はコチラ

5. オアスロウ

ヴィンテージファンにも注目されるブランド、オアスロウ。19世紀終わりから20世紀にかけてのワークやミリタリーウエアの作りの良さに注目し、時代に流されない服の魅力にこだわった日本のブランドです。昔ながらの機械を使用し、日本の職人の技術による細部にまで手を抜かないベーシックでぬくもりのある服作りに定評があります。

この「USMC TROUSERS」はオアスロウオリジナルのコットンチノ生地を使用。アメリカ海軍のトラウザーパンツの形をもとにゆったりめのシルエットに仕上げています。フロントはボタンフライ仕様、一番上のボタンも隠れる作りになっているので見た目もすっきり。柔らかいチノパンなのでハリ感が苦手な人や、はき心地重視の人にもおすすめです。

【基本情報】
商品名:orSlow 「USMC TROUSERS」
参考価格:17,064円(税込)
詳細はコチラ

6. ジョンブル

もともとは岡山県で制服や作業服を作っていた企業が、現在の「ジョンブル」に社名を変更。ワークウエア製造のノウハウを生かし、質実剛健なワークテイストを基盤としつつトレンドも取り入れたデザイン性の高い製品作りに定評があるブランドです。自分のスタイルを持ちながらファッションにも敏感な幅広い年代層から支持を得ています。

このメンズ ワイドシルエットチノパンツ は股上を深のゆったりとしたシルエットが特徴。目の細かい綾織りで織り上げられているので生地もしっかりしていてほどよい光沢感があります。はき込むほどに味が出る素材で、カジュアルでもドレスアップスタイルもさりげなくこなれた雰囲気に仕上がるチノパン。シックなカーキもおすすめです。

【基本情報】
商品名:Johnbull メンズ ワイドシルエットチノパンツ(11764)
参考価格:17,280円(税込)
詳細はコチラ

最後に

ご紹介したチノパンは、それぞれのブランドのこだわりの織りと縫製でしっかりと作られているので長く着ることができます。作りのいいチノパンを時間をかけて自分らしく馴染ませていきましょう。