「Kinetics」×「TOY MACHINE」第三弾となるコラボレーションアイテムを発売!

「Kinetics」×「TOY MACHINE」第三弾となるコラボレーションアイテムを発売!

  • サムネイル: EXTAR編集部
    EXTAR編集部

TOYMACHINE since1994

toy machineは、ED TEMPLETON(エド・テンプルトン)により1994年に生まれたスケートボードカンパニーです。ブランドロゴだけでなく、キャラクターやアートを打ち出した初のスケートブランドであり、そのアート性はデッキだけでなくウェアも今なお絶大な人気を誇ります。デッキやTシャツ、ソックス等のグラッフィックデザインは常にマニアの中で注目を集めています。

ED TEMPLETONという人物

エド・テンプルトンという人物が、一つ目のモンスターやら赤いロボット怪獣やら、キモカワなキャラクターを生み出した本人です。画像の通り、程良くブッ飛んでるスケーターです。エドは生粋のLAローカルで、現在は45歳。ハンティントンビーチで絵を描いたり写真を撮ったりしながら暮らしています。同世代のスケーターはDANNY WAY、JAMIE THOMAS、JOHN CARDIEL、SALMAN AGAHなどなど、80年代後半から90年代を代表するイケイケな奴らの中で頭角を現していたのです。ゴンズ様やトミー・ゲレロ様の世代に影響を受けてスケートを始め、更にアクロバティックで過激になっていった世代ですね。

エドがスケートを始めたのは何とジュニアハイスクールから。小さい頃は絵を描いたりゲームをしたりと、かなりインドアで内気な、どちらかというとオタク気質な少年だったようです。ただ、その持って生まれたオタク気質とアートセンスが類まれなスケートセンスと相成って、稀有な存在となっていったのです。

アート以外でもフォトグラファーとしての才能も発揮し、GLENN E.FREEDMANやJOSEPH SZABOを彷彿させるような若者の日常を切り取ったフォトは高く評価されています。

「Kinetics」×「TOY MACHINE」コラボレーション第三弾

東京・原宿にSHOPをかまえ都市型ライフスタイルを提案し続けるストアブランド「Kinetics(キネティクス)は、世界的に有名なプロスケーターでありアーティスト、写真家など多彩な才能を持ち合わせているED TEMPLETON(エド・テンプルトン)が1993年に創立したスケートボードカンパニー「TOY MACHINE(トイマシーン)」とのコラボレーションアイテムを発売中。

第三弾のコラボレーションとなる今回は、ED TEMPLETONによるTOY MACHINEの代表的なグラフィックをKineticsらしいミニマルで都会的なデザイン性の高いアイテムに落としこんだ4型を発売。アメリカ海軍、海兵隊に支給されている寒冷地用 LEVEL7 ハイロフトジャケットをモチーフとした「PUFF JACKET」は高機能素材Thinsulate(シンサレート)を使用した防寒性の高いアイテム。肩幅と身幅を広く取ったリラックス感のあるゆったりとしたサイジングで、フロントのワッペンは取り外し可能な遊び心を加えたデザイン。

マイクロフリースを使用したシンプルなデザインが魅力の「FLEECE HALF ZIP」はインナー、アウターとして多種多様な着用が可能。スタイリングのアクセントにも最適な同素材の「HEAD BAND」も登場。

ウォームアップパンツをベースにツイル素材で落とし込んだイージーパンツ「SIDE LINE PANTS」は両サイドに施した配色のラインでアクセントを効かせ、さらに配色ラインに施された釦の開閉によりスリットを加えるなど、着こなしのアレンジの幅が広がる1本となっております。

本アイテムは、「Kinetics」にて発売中。

■Kinetics about
2003年9月27日、東京・原宿にOPEN。ハイストリート、カジュアルウェアを軸としたストアブランド「Kinetics」。ショップ、ブランドネームに掲げている「動力源」をコンセプトに国内外のナショナルブランド、新鋭ブランド、 ストリート、デザイナーズコレクションまでジャンルの垣根を飛び越え、独自のセンス、拘り、新たな視点でセレクト。訪れる度に新たな発見が出来るファッション&カルチャーを融合させたライフスタイル提案型ショップです。

■toy machine 公式サイト
http://www.toymachine.jp/