ジャケパンスタイルをマスターするコツとは?大人メンズの着こなし集

ジャケパンスタイルをマスターするコツとは?大人メンズの着こなし集

スーツより気軽に楽しめるジャケパンスタイル。センス良く決めるための基本ポイントやコツをコーデと合わせてご紹介します。

もくじ

1.ジャケパンスタイルの基本ポイント
2.センスアップをはかる方法
3.おすすめのジャケパンスタイル12選
最後に

1.ジャケパンスタイルの基本ポイント

テーラードジャケットとパンツを合わせたジャケパンスタイルは、都会的なメンズコーデの代表格。セットアップとは異なり、バリエーション豊富に楽しめるのが魅力です。

まずはジャケパンスタイルの基本ポイントをご紹介。基本を押さえておくことで、ワンランク上の着こなしに繋げていけますよ。

ベーシックな色を選ぶ

ジャケットとパンツは黒やグレー、ネイビー、ブラウンといったベーシックな色を選びましょう。他のアイテムと組み合わせやすいので、着回しがききます。

タイトなシルエットのものを選ぶ

自分の体型に合ったタイトなシルエットのものは、着こなしをスタイリッシュに演出してくれます。ゆとりのあるものは、ビジネスやフォーマルスタイル風になりがちです。

ベルトと靴の色を統一する

ベルトと靴の色を同じ色にすると、ジャケパンスタイルに統一感が出ます。黒と茶色があれば便利ですが、茶色は色味が豊富なので、セットで用意しておくのがおすすめ。

2.センスアップをはかる方法

センスアップをはかるために必要なのが小物。ポケットチーフをさりげなくオンするだけで、華やかな印象になります。

また首元にストールを合わせたり、メガネをプラスしたりするのもおすすめです。色や柄で自分らしさをプラスできますよ。

3.おすすめのジャケパンスタイル12選

世のおしゃれリーダーたちは、ジャケパンをどのように着こなしているのでしょうか。お手本にしたいスタイルを順にご紹介します。

黒のジャケパンスタイル

モノトーンで決めたジャケパンスタイルは、黒スニーカーでカジュアルダウンさせているのがポイント。シャツとストールの重ね方にも注目です。

ウォッシュデニムを合わせたジャケパンスタイル。ピンクのシャツとネクタイで個性をアピールしています。サングラスやポケットチーフなどの小物使いも参考になりますね。

ロングジャケットが主役のモードなジャケパンスタイルは、マフラーで縦のラインを強調してスタイルアップ。足元にボリュームを持たせたバランスの良い着こなしです。

ネイビーのジャケパンスタイル

白シャツがアクセントになったジャケパンコーデは、サイドゴアブーツでスタイリッシュに。ボトムスと色を合わせると脚長効果が期待できます。

ダメージデニムでカジュアルダウンしたジャケパンスタイル。上品なプリント柄のストールを加えるだけで、大人のムードが高まります。

白のボトムスをセレクトした、爽やかさ漂うジャケパンスタイル。タートルネックとジャケットの組み合わせが、コーデを都会的に演出します。

グレーのジャケパンスタイル

クロップドパンツに白スニーカーを合わせたジャケパンスタイルは、大人カジュアルの定番。ツイードのジャケットが季節感をアップさせていますね。

ワイン色のニットが目を引くジャケパンスタイル。季節にマッチしたインナーの色選びで、コーデをワンランク上に導くことができます。

濃い色のデニムを合わせたジャケパンスタイルは、カジュアルなのにどこか紳士的な雰囲気。選ぶデニムの色で印象を変えることができますよ。

ブラウン系のジャケパンスタイル

カーゴパンツを合わせたジャケパンスタイル。色をブラウン系で統一した、トラッド風の着こなしです。足元はレースアップシューズでハンサムに決めています。

黒のタートルネックでキリッ引き締めたジャケパンスタイル。チェック柄のパンツは、おしゃれ度をアップさせるのに役立つアイテムです。

上下ブラウン系で揃えたジャケパンスタイルは、ネイビーのシャツをアクセントに。黒よりもソフトに演出することができるのでおすすめです。

最後に

基本のポイントを意識してジャケパンを選べば、シンプルから個性あふれるスタイルまで幅広く楽しめます。おしゃれメンズを参考に小物を上手く取り入れて、センスアップを目指しましょう。