筋トレの効果を高める食事とは?男前なモテボディをつくりたい方必見

筋トレの効果を高める食事とは?男前なモテボディをつくりたい方必見

筋トレの効果を高めて筋肥大を目指すのであれば、食事に気を遣うことが必要。そこで筋肉を作るために効果的な食事メニューをご紹介します。

もくじ

1.筋トレ効果を高めるには食事の質が大事!
2.筋トレ効果を高める「5つの栄養素」
3.筋トレ中のメンズにおすすめの食事メニュー
最後に

1.筋トレ効果を高めるには食事の質が大事!

異性にモテたい、格好良い体でパートナーに褒められたいという男性も多く、筋トレを実践している方はたくさんいますよね。今日からぜひ、食事にも注目してみてください。

努力を無駄にしない良質な食事を摂ろう

筋肉は「たんぱく質」でできていることは多くの方がご存知かと思います。しかし、たんぱく質単体では筋肉を生成できないため、バランスの良い食事が求められるのです。

また、筋トレ中だからといって食事を制限するのは、筋トレの努力を無駄にしてしまう可能性もあります。栄養不足に陥ると筋肉の成分が分解される恐れもあるのです。

ですが、バランスの良い食事をしっかりと摂ることで、筋トレの努力を実らせることができます。さっそく筋トレ効果を高める5つの栄養素を確認しましょう。

2.筋トレ効果を高める「5つの栄養素」

筋トレを行ううえで、どの栄養素がどんな働きをしているのかを確認することで、食事の質がさらに良くなりますよ。以下の5つの栄養素を意識した食事を摂りましょう。

炭水化物

筋肉や脳を働かせるエネルギー源となる「炭水化物」。筋トレで体を絞っているからと、食事から抜いてしまうのはNG。炭水化物は脳の唯一のエネルギー源なのです。

食事で炭水化物を制限してしまうと、脳がボーっとする、元気が出ないなど、逆に筋トレの妨げになってしまう可能性もあります。

たんぱく質

筋肉だけでなく骨や血液、髪や皮膚など、人間を形づくる全ての原材料となっている「たんぱく質」。肉や魚、大豆などから摂取することができます。

筋肉の主成分であるため、筋トレ中はもちろん、普段から欠かせない栄養素のひとつです。特に男性のように筋肉を大きくさせたい方は、意識して摂る必要があります。

脂質

炭水化物と同じく体を動かすエネルギー源となる「脂質」。体内で燃えることでエネルギーを生み出す脂質は少量でもエネルギーとなるため、燃費の良い栄養素なのです。

バターやマヨネーズに含まれている脂質は、摂りす過ぎと太る原因にもなるため、摂取量には注意が必要です。体温を保つ働きもあるため不足することは避けたいところ。

ビタミン

他の栄養素の働きをサポートする「ビタミン」。特に筋トレ中は、炭水化物を分解するビタミンB1や、脂質を分解してエネルギーを生み出すビタミンB1が必要です。

体内で生成されているビタミンですが、それだけでは足りないため、食事から積極的に取り入れる必要があるのです。脂質と合わせて摂ることで、相乗効果を発揮します。

ミネラル

無機質ともいわれる鉄やカルシウムなどの「ミネラル」は、体内で生成できません。そのため、食事から積極的に摂る必要があります。

ミネラルは他の栄養素のサポートを行い、血液や骨、筋肉などの働きや生成を手助けします。サプリメントなどもうまく使って摂取するといいでしょう。

3.筋トレ中のメンズにおすすめの食事メニュー

筋トレ中の食事は炭水化物・たんぱく質・脂質・ミネラル・ビタミンを意識したメニュー、かつ筋肉の主要成分となるたんぱく質を積極的に、3食に分けて摂取しましょう。

たんぱく質たっぷり!肉巻き&卵とじが簡単

ビタミン・ミネラルたっぷりの生野菜を牛肉・豚肉で巻いた「肉巻き」や、丼ものや炒めものなどを卵でとじた料理は、簡単かつたんぱく質をたっぷり摂れるのでおすすめです。

海鮮丼やサラダ!「生」でいただく簡単料理

海鮮丼は魚のたんぱく質や生酵素が摂れるため、筋トレ中に向いた食事です。またビタミン・ミネラルたっぷりなサラダには、ビーンズや蒸し鶏を乗せてボリュームアップ。

男は大好き!ステーキと白ご飯で筋肉育成

脂身よりも赤身の多いステーキと、白ご飯の組み合わせで美味しく筋肉を育成。男はほとんどの方が好きなのでは。筋トレ中でも食事を我慢したくない人におすすめです。

最後に

筋トレの努力を無駄にしないバランスの摂れた食事で、女性がうっとりするようなクールなボディを手に入れましょう。奥様や彼女に食事管理を協力してもらうのもいいかもしれませんね。