惚れスポ|ふじさわ江ノ島花火大会2017の見どころ&スポット情報

惚れスポ|ふじさわ江ノ島花火大会2017の見どころ&スポット情報

ふじさわ江ノ島花火大会は、江ノ島エリアで秋に行われる一大イベントです。江ノ島花火大会の見どころや鑑賞スポット情報をご紹介しましょう。

もくじ

1.ふじさわ江ノ島花火大会って?
2.ふじさわ江ノ島花火大会のアクセス
3.ふじさわ江ノ島花火大会の見どころ
4.おすすめの鑑賞スポット3選
最後に

1.ふじさわ江ノ島花火大会って?

ふじさわ江ノ島花火大会は、湘南エリアで秋に開催される人気イベントです。毎年多くの観覧客が訪れています。

詳細はコチラ

2017年は、10月21日(土)18:00~18:45に開催を予定しています。雨天の場合は、翌日の22日(日)に延期となるので注意してください。

花火の打上場所は、「東洋のマイアミビーチ」とも称される片瀬海岸西浜。湘南ならではの雰囲気をたっぷり満喫できそうです。

大会当日は、3,000発の花火が打ち上げられます。花火の美しさを存分に楽しむことができるでしょう。

花火大会を快適に楽しみたい方のために、特別観覧招待席や、有料の観覧指定席も用意されています。

2.ふじさわ江ノ島花火大会のアクセス

花火大会当日は、交通機関の混雑が予想されるため、あらかじめ会場までのルートもきっちりと調べておきましょう。

電車で行く場合、小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅が最寄り駅となり、徒歩2分で会場入りできます。

ほかにも、江ノ島電鉄の江ノ島駅より徒歩5分、湘南モノレールの湘南江の島駅からは徒歩6分のアクセスです。

車で会場へ向かう場合は、新湘南バイパス茅ヶ崎海岸ICより、国道134号を江の島方面へ10km進めば到着します。

会場周辺では一般の有料駐車場が利用可能です。満車になる可能性もあるので、早めに向かうなどの工夫をするといいでしょう。

3.ふじさわ江ノ島花火大会の見どころ

ふじさわ江ノ島花火大会は、湘南エリアでは貴重な大型花火も打ち上げられる点が魅力です。

2尺玉は、広がったときの直径がなんと480mほどにもなる花火です。ふじさわ江ノ島花火大会でも目玉と言えるでしょう。

海上で打ち上げられるという湘南ならではのロケーションも、独特の美しさを演出しているポイントです。

4.おすすめの鑑賞スポット3選

ふじさわ江ノ島花火大会を思う存分楽しめる、おすすめのスポットを3ヶ所ご紹介しましょう。

最初にご紹介するのは、湘南海岸公園です。打上場所から1km前後のところにあり、場所取りが比較的しやすいのがポイントです。花火もしっかりと見えますよ。

施設名:湘南海岸公園
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸
詳細はコチラ

2ヶ所目は、片瀬漁港の駐車場付近です。花火が間近で見られるとあって大人気。朝から場所取りする必要はありますが、迫力満点の花火を楽しみたい方はぜひどうぞ。

施設名:片瀬漁港
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目20-25
詳細はコチラ

最後は、稲村ヶ崎公園です。打上場所からやや離れているため、比較的観覧客も少なく、ゆったり楽しめる穴場スポットとして人気です。

施設名:稲村ヶ崎公園
住所:神奈川県鎌倉市稲村ヶ崎1丁目19
詳細はコチラ

それぞれの希望に合わせた会場選びをしてくださいね。また鑑賞の際は、持ち運びに便利な折りたたみチェアなどを用意しておけば快適でしょう。

最後に

ふじさわ江ノ島花火大会の見どころなどについてご紹介してきました。アクセス方法や鑑賞スポットも事前にチェックして、思う存分に美しい花火を楽しみましょう。