今コレ|メンズの魅力を格上げするレザージャケットブランド10 選

今コレ|メンズの魅力を格上げするレザージャケットブランド10 選

メンズの必須アイテムになりつつある「レザージャケット」。今回は上質なレザージャケットを展開している旬なブランドを紹介します。

もくじ

1.ジェームス・グロース/イギリス
2.ルイスレザー/イギリス
3.エアロレザー/イギリス
4.ディーゼル/イタリア
5.ジョルジオ ブラット/イタリア
6.アクネ ストゥディオズ/スウェーデン
7.ディースクエアード/イタリア
8.ジュンハシモト/日本
9.オルゲイユ/日本
10.トローヴ/日本
最後に

1.ジェームス・グロース/イギリス

創業は1876年、老舗イギリスブランド。1970年にオーナーが高齢になったため廃業し、ファンを悲しませました。しかし、2015年にオーナーの甥が新オーナーとなり再出発。伝統を受け継いだ技術は健在で、多くのファンを喜ばせています。

手作業でつくられているレザージャケット。日本には直営店がなく、ビームスなどのセレクトショップから入手できます。

2.ルイスレザー/イギリス

イギリスライダースジャケットの代名詞とも言われる「ルイスレザーズ」。100年を超える歴史を持つレザージャケットブランドです。

胸元には、ブランドアイコンのウィングロゴバッジが光ります。男らしいワイルドさの中にも洗練さを漂わせるライダースジャケットはメンズ憧れの一着。着丈が長いタイプもあり、ネクタイスタイルにもマッチするので幅広い着回しができます。

【基本情報】
ブランド名:ルイスレザー
詳細はコチラ

3.エアロレザー/イギリス

1975年にイギリスで創業した「エアロレザー」が扱うレザーは馬の革です。最初は固い質感も使えば使うほど体になじんできます。10年、20年と着ることができて、年月が経つほどに深みが出て風合いを変える「エアロレザー」のレザージャケット。着たおす楽しみがある一着です。

日本からもオーダーメイドができるので、自分だけの一着にめぐり合いたい方はオーダーしてみてはいかがでしょうか。

【基本情報】
ブランド名:エアロレザー
詳細はコチラ

4.ディーゼル/イタリア

イタリアのカジュアルブランド「ディーゼル」。新しさを取り入れながら今を駆け抜けているブランドで、日本でも多くのファンがいます。新シーズンに発表されるレザーアイテムの注目度が高く、メンズの魅力を
引き出してくれるものばかりです。素敵な1着を探し出すことができるでしょう。

【基本情報】
ブランド名:ディーゼル
詳細はコチラ

5.ジョルジオ ブラット/イタリア

2003年にイタリアで創業した、ヴィンテージ感のあるレザージャケットがそろう「ジョルジオ ブラット」。レザータンニングという植物を使って革をなめす技術力が優れていて、レザージャケットは使い込むことで柔らかになっていきます。ジョルジオ氏本人も元革職人という経歴の持ち主。革のことを知り尽くしたデザイナーが手掛けるおすすめのブランドです。

【基本情報】
ブランド名:ジョルジオ・ブラット
詳細はコチラ

6.アクネ ストゥディオズ /スウェーデン

スウェーデン生まれのブランド「アクネ ストゥディオズ」。ウェアからシューズ、アクセサリーまで取り扱っています。「アクネ ストゥディオズ」でトータルでコーデもできますね。

レザージャケットはデザインの種類が豊富で、ショート丈からロング丈までラインアップ。シルエットが美しくラグジュアリーな雰囲気を漂わせています。キレイ目コーデが好きな人にぴったりのブランドです。

【基本情報】
ブランド名:アクネ ストゥディオズ
詳細はコチラ

7.ディースクエアード/イタリア

双子のデザイナーが手掛けているイタリアのブランド。彼らがデザインした衣装を着ている海外アーティストは数多く、セレブ達にも人気です。男性アーティストの衣装の中にはレザージャケットもあり、ステージ上でも映えています。

スポーツ界では2010年のオリンピックでカナダ選手のウェアを担当。2016年にはマンチェスター・シティFCの公式ファッションパートナーに採用されています。まさに旬のメンズブランドです。

【基本情報】
ブランド名:ディースクエアード
詳細はコチラ

8.ジュンハシモト/日本

ジュンハシモトは、2008年にスタートした日本のブランドです。縦じわ加工されたリンクルシャツが注目を浴びて人気となりました。ライダーズジャケットからMA-1タイプなど、さまざまデザインのジャケットを展開。カラーもブラックやブラウン系に加え、オリーヴやネイビーなどもありバリエーションも豊富です。男の色気を漂わせるレザージャケットが手に入ります。

【基本情報】
ブランド名:ジュンハシモト
詳細はコチラ

9.オルゲイユ/日本

アメカジが好きな人におすすめの「オルゲイユ」。日本製のジーンズで有名な「ステュディオ・ダ・ルチザン」が出した新しいラインのひとつです。トップスアイテムが充実。その中でもレザージャケットにはこだわりがたくさんちりばめられていて、新品よりも年月を経た方が輝くアイテムがつくり出されています。ミニタリーテイストも漂わせるレザージャケット、いかがでしょうか。

【基本情報】
ブランド名:オルゲイユ
詳細はコチラ

10.トローヴ/日本

2004年に創立された日本のブランド「トローヴ(TROVE)」。スタート以来、アンティークとモダンを融合させた個性的なアイテムをつくり出しています。ブランド名の意味は「貴重な収集品」。長く着れるレザージャケットに出会う予感がする新進気鋭のブランドです。個性的な雰囲気を持つレザージャケットが欲しい方におすすめします。

【基本情報】
ブランド名:トローヴ
詳細はコチラ

最後に

どこのブランドにしようかと迷うほど、さらりと艶やかさのあるレザージャケットを展開しているブランドを紹介しました。長く着れば独特の風合いが現れてくるレザージャケット。お気に入りの一着を探してくださいね。