少ない道具でDIY!ダメージデニムを簡単におしゃれに作る方法

少ない道具でDIY!ダメージデニムを簡単におしゃれに作る方法

おしゃれアイテムとして注目されているダメージデニムを、自分で作ってみませんか?簡単に作る方法をご紹介します。

もくじ

1.ダメージデニム作りに必要なもの
2.カッターを使用してダメージ加工
3.おろし金を使用してダメージ加工
4.カミソリを使用してダメージ加工
5.ダメージデニムの着こなし方
最後に

1.ダメージデニム作りに必要なもの

まずはダメージデニム作りに必要な、基本の道具をそろえましょう。家に普段からあるものが多いですし、100円ショップで手に入れることもできます。

カッター

デニムに切り込みを入れたり、ダメージ加工を施したりする際に使用します。ダメージデニム作りに、無くてはならないアイテムです。

カミソリ

軽くスライドさせるだけで、簡単にダメージ加工を施すことができる便利なアイテムです。

おろし金

ダメージ加工を手早く、簡単に施すために欠かせないアイテムです。

ピンセット

ジーンズの縦糸を抜くなど、細かい作業をするときに使用します。

サンドペーパー

ダメージ加工を施した部分を擦ってきれいにしたり、ヴィンテージのような風合いを出したりするときに使用します。

2.カッターを使用してダメージ加工

初心者でも簡単にできる方法をご紹介します。

シンプルにダメージ加工を施す場合

ダメージ加工を施したい部分に、カッターで切り込みを入れます。その後、洗濯機で洗いにかけるだけです。自然に糸がほつれてきますよ。

切り込みを3~4ヶ所に増やすと、大胆なダメージ加工が仕上がります。はいているうちに、自然なほつれがどんどん出てきて、良い具合になりますよ。

クラッシュ風に仕上げる場合

クラッシュ加工を施したい幅を決めて、カッターで平行に2ヶ所切り込みをいれます。端をほぐしてから、縦糸のみをピンセットで、丁寧に抜いていきます。

小さくダメージ加工を入れる場合

カッターを横にスライドさせながら、横糸が切れないようにデニムの表面をひたすら削っていきます。最後にサンドペーパーでこすると、きれいに仕上がります。

3.おろし金を使用してダメージ加工

おろし金を横方向にスライドさせてデニムの表面を削ります。横糸が出てきたら、ピンセットで縦糸を抜いていきます。広範囲をダメージ加工する場合に向いています。

4.カミソリを使用してダメージ加工

ポケット口などの生地に厚みがある部分は、カミソリで削るときれいに仕上がります。

デニムの裾部分も、カミソリで削ると上手くダメージ感が作れます。ハサミでカットしただけの切りっぱなしデザインとは、ひと味違うおしゃれ感がありますね。

5.ダメージデニムの着こなし方

ダメージデニムを大人っぽく着こなすコツは、きれいめアイテムと組み合わせることです。こちらはシンプルなベージュ系ニットと、レザーのモカシンで決めています。

存在感抜群のキャメルのコートをサラリと羽織った着こなし。ダメージデニムとのコンビネーションが、とびきりハンサムです。

カジュアルなパーカーも細身のシルエットなら、カジュアルになり過ぎません。スエードのブーツで、大人っぽさをプラスしています。

ハリ感のあるネイビーのジャケットは、細身のシルエット。淡い色のTシャツとダメージデニムを、クールに引き締めています。

最後に

どれも比較的簡単にできるダメージデニムの作り方を、ご紹介させていただきました。まずは、要らなくなったデニムで試してみてはいかがでしょうか?お気に入りの1枚になるかもしれませんよ。