大人の色気を演出!ジャケットに合うおすすめインナーをご紹介

大人の色気を演出!ジャケットに合うおすすめインナーをご紹介

ジャケットスタイルの印象を大きく変えるインナー。今回は大人の色気を演出する、ジャケットに合うインナーについて解説していきます。

  • サムネイル: Kazuki.T
    Kazuki.T

もくじ

1.ジャケットには白Tシャツが王道
2.細身のポロシャツでスタイリッシュに
3.ドレスシャツと合わせてフォーマルに
4.冬場はタートルネックを合わせて
最後に

1.ジャケットには白Tシャツが王道

ジャケットの王道と言えば白Tシャツ。シンプルで清潔感のある着こなしをしたい人におすすめです。

Vネックで色気を演出

白のVネックTシャツは首筋がきれいに見えて、男の色気が漂います。

革ジャケットとも相性が良い

革のジャケットと組み合わせれば、男らしいロックな感じに仕上がりますね。

ワンポイントデザインで遊び心を演出

無地の白Tシャツはシンプルすぎ…と感じたら、ワンポイントが入ったものを選んでも良いでしょう。

ボーダー柄でカジュアル感アップ

ボーダー柄のTシャツとジャケットの組み合わせです。ジャケットの色とボーダーの色が同じネイビーで統一感が感じられます。

2.細身のポロシャツでスタイリッシュに

ジャケパンにポロシャツは、夏の定番カジュアルコーデです。

白ポロシャツとジャケットでダンディな印象

白のポロシャツはヤングな印象になりますが、ジャケットを羽織ることで大人の男性の着こなしになります。

紺ポロシャツでスタイリッシュに

紺のポロシャツはコーデ全体を引き締めるので、スタイリッシュな印象に仕上がります。あえて黄色の革靴でハズしているのがかわいらしいですね。

上級者向けのポロシャツコーデ

白ジャケットに白ポロシャツを重ねた上級者向けのコーデです。ネイビーパンツとブラウンの革靴を合わせることで、シンプルになり過ぎないようにしています。

3.ドレスシャツと合わせてフォーマルに

パーティーや特別な日は、ドレスシャツとジャケットのフォーマルな着こなしで出掛けましょう。

少しタイトなものを選ぶ

ドレスシャツは少しタイトめなものを選ぶことで、スマートな大人の男性を演出できます。

知的さが感じられる青シャツコーデ

青シャツとブラウンジャケット、白パンツの知的さが感じられるコーデです。色使いが参考になりますね。

ピンクのシャツで爽やかな印象に

チャコールのジャケットとピンクシャツの組み合わせです。濃いショッキングピンクのシャツだと女性らしいイメージになってしまうので、薄いピンクのシャツを選ぶのがポイント。

4.冬場はタートルネックを合わせて

肌寒い季節にジャケットと合わせるインナーは、タートルネックが王道です。

コーデュロイジャケットとタートルネック

茶色のコーデュロイジャケットと黒のタートルネックで秋らしい装いに。

グレーのジャケットと黒のタートルネック

グレーのジャケットと黒のタートルネックは、全体的にシックで大人らしい着こなしに仕上がります。

グレーのタートルネックで柔らかい印象に

オフホワイトのジャケットとグレーのタートルネックの組み合わせです。全体がぼやけた印象になるのを防ぐために、黒のパンツで上手に引き締めています。

デニムジャケットと黒のタートルネック

タートルネックは、デニムジャケットと合わせるのも定番です。上品な大人の雰囲気が感じられますね。

最後に

ジャケットに合わせるインナーは、Tシャツ、ポロシャツ、シャツ、タートルネックが一般的です。スマートに着こなすならデザインはもちろんですが、サイズ感をしっかり意識したインナーを選びましょう。