え!紐だけの靴だけど大人気? 【オープンエアスニーカー UNEEK】

え!紐だけの靴だけど大人気? 【オープンエアスニーカー UNEEK】

夏ともなればオシャレなだけでなく、通気性も抜群なのはとってもありがたいトコロ! そんな「通気性」という要素で抜群どころか、「サンダル気分」のオシャレなスニーカーが今話題になっています。今日はそのオープンエアスニーカー【UNEEK】をご紹介。

アメリカ・オレゴン州ポートランドを拠点とするアウトドア・フットウェアブランドKEEN(キーン)。

2003年の創業モデルでもある、つま先を保護する初めてのサンダル「NEWPORT(ニューポート)」の発表によりフットウェアシーンに革命をお越し、「ハイブリッド・フットウェア」という概念を確立した。

以来、独創的かつ多機能な商品を展開している。

シューズの要素となる「ソール(靴底)」「布や革(平面のパネル)」「コード(紐)」の3要素から、KEENは「布や革(平面のパネル)」うぃ引き算した靴作りのアイディアを形にした結果、「2本のコード」と「1枚のソール」で編み上げられる”オープンエアスニーカー”【UNEEK】が誕生した。

見た目の斬新さだけでなく、どんな足にもフィットする構造と空気のような履き心地のソフトなインソール、軽量でありながらもクッション性に優れたアウトソールを使用するこだわりっぷり。

「UNEEK」は編み上げるスニーカー。この製品は独特な製法により職人の手作業で1足ずつ製作されていた。その製作を専用ロボット「UNEEKBOT」の開発により製作時間を、約50分から20分にまで短縮。加えてカラーカスタマイズの対応も可能に。

夏のオシャレなシューズレパートリーの1つとして、デザイン性・機能性ともにいうことなしのオープンエアスニーカー「UNEEK」と、世界最小のシューズ向上「UNEEKBOT」は、現在、東京・原宿のBEAMSで体験できる!