保存版!メンズがデニムを「ロールアップ」でかっこよくきめる方法

保存版!メンズがデニムを「ロールアップ」でかっこよくきめる方法

街でデニムをロールアップしているメンズをよく見かけますね。今回はデニムのロールアップに挑戦したいメンズのためのノウハウを伝授します。 (トップ画像:Cumhur Kaplan / Shutterstock.com)

もくじ

1.デニムのロールアップ効果
2.デニムのロールアップの幅は?
3.デニムの長さが違うと何が変わる?
4.海外メンズのデニムロールアップコーデ
最後に

1.デニムのロールアップ効果

Petar Djordjevic / Shutterstock.com

デニムをロールアップさせるとコーデに様々なプラス効果があらわれます。

デニムのロールアップは、コーデにこなれ感を加えます。

アンクルが見える丈までロールアップすると、ぬけ感効果で足が長く見えることがメリットです。

デニムをロールアップすると、アウターが長めでもメリハリのある軽快なコーデに仕上げてくれます。

2.デニムのロールアップの幅は?

デニムの裏の色は白っぽく、折り返した部分が強調されるのでラフ感が出てきます。よりカジュアル感を出したいときは幅を広めにすると良いです。

折り幅が広いと少年っぽく、折り幅を狭くすると大人っぽい雰囲気になります。

3.デニムの長さが違うと何が変わる?

足の甲を見せないロールアップは、男っぽいカジュアルに仕上がります。

デニム丈をくるぶしラインまで折り返すとすっきりとして落ち着いた雰囲気に。ジャケットと合わせるとドレスアップした装いになります。

くるぶしが見えるところまでロールアップすると靴が目立ちます。お気に入りの靴を履いて決めたいですね。

アウトドアシーンには、くるぶしがはっきり見えるようにロールアップ。無骨なところがかっこいいです。

4.海外メンズのデニムロールアップコーデ

海外でもデニムをロールアップさせて、おしゃれしているメンズたちが多いです。

陽気な春のコーデ

色落ちデニムは折り返した部分が目立たないので、くるぶしが見えるところまで折り返してカジュアル感を出しています。

カーキのスプリングコートと濃紺デニムの組合せがさわやかに見えるのは、足首が見えるところまで折り返して抜け感をつくっているからですね。

折り返した幅が狭いとシャープな印象です。

夏はデニムのロールアップでさわやかコーデ

足首周辺がすっきりしているロールアップ。ルーズ感をなくしたキレイ目なコーデですね。

デニムのロールアップとサンダルの相性もバッチリです。

丈を短めにしたデニムとレースアップブーツの組合せは、取り入れたいおしゃれ術です。

おしゃれの秋もデニムはロールアップ

折り返した部分の面積が広く、デニムの裏のカラーが際立ち足元を軽快に見せています。

ジャケットに合わせるときは、デニムを少しだけ折り返してアクセントをプラス。

オーバーサイズのアウターを軽快に見せているのも、ロールアップ効果。ボトムのスリムなラインを強調し、すっきりとしたコーデに仕上がっています。

寒い冬もロールアップで軽やかコーデ

デニムオンデニムは、ロールアップでメリハリをつけるのが人気。

長めのアウターとロールアップしたデニムは、「Yライン」のシルエットになるのでコーデがまとまって見えます。

ダークトーンできめたファッションもデニムを幅広くロールアップすると全体のトーンまで明るくします。

最後に

ロールアップしたデニムの足元をワークブーツで決めているメンズが多く、仕上がりもキレイ目で好印象。持っていない方はワークブーツもそろえて、ロールアップを楽しんでみませんか。