【コンバース】ハイカットスニーカーを活かすコーデサンプル集

【コンバース】ハイカットスニーカーを活かすコーデサンプル集

高い人気を誇る定番のオールスターを筆頭に、「コンバース」のハイカットスニーカーを使ったコーデを紹介します。 (トップ画像:SerhiiVashchenko / Shutterstock.com)

もくじ

1.ハイカットスニーカーの魅力
2.ハイカット×デニムパンツ
3.ハイカット×スキニーパンツ
4.ハイカット×ショートパンツ
5.ハイカット×ワイドパンツ
最後に

1.ハイカットスニーカーの魅力

Izlan Somai / Shutterstock.com

足元にボリュームが出せる、どんなボトムにも合わせやすいのがハイカットモデルの魅力。「コンバース」のハイカットスニーカーは、1足は持っていたいマストアイテムです。

2.ハイカット×デニムパンツ

ハイカットを合わせる際には、少しだけ地肌が見える程度にロールアップするのが正解。足元が覆われている分、足元にボリュームが出てバランスよく仕上がります。

ジーンズと同じ色調のハイカットを選び、ワントーンコーデに仕上がっている個性的な着こなしです。

3.ハイカット×スキニーパンツ

パンツと同じ黒のハイカットを合わせて、ボトムをスッキリ見せています。パンツとつなげず、ロールアップして肌を見せているのがポイントです。

黒で統一したウェアに、違う色味のハイカットを合わせたコーデ。裾はロールアップして、ハイカットのラインを全て見せてはくのが正解です。

個性派コーデにハイカット

柄on柄の個性的な着こなしには、その個性に負けないように、ボリュームのあるハイカットを選ぶのがおすすめです。

ボリュームの調整にハイカット

ハイネックやハットなどを使って、顔周りにボリュームを出した時は、反対側の足元も同じようにボリュームを。上下のボリュームを合わせると全体のバランスが良くなります。

ジャケットにハイカット

爽やかな色合いのジャケットに同系色のハイカットを合わせてコーデに統一感をもたせています。全体のバランスが良くまとまっている装いです。

スーツの足元にも、安定感のあるハイカットが良く似合います。ハイカットは、シンプルな色合いを選んで、あまり主張が出ないように気をつけて。

シックな色合いのジャケパンスタイルには、思いっきり個性のあるデザインのハイカットをチョイス。パンツの丈とハイカットの高さのバランスが絶妙です。

4.ハイカット×ショートパンツ

シャツと同系色のハイカットをチョイスしたコーデ。ハイカットとショートパンツの組み合わせは、相性抜群です。

短め丈のショートパンツにハイカットを合わせる際は、濃い色を選んで足元に安定感を出すのが正解。メインに使っている黒が大人スタイルに仕上げています。

5.ハイカット×ワイドパンツ

ボリュームあるワイドパンツにも負けないのがハイカットの魅力です。カラフルなものを選んで、さらに個性的な着こなしに。

ピンクのハイカットが、ワイドパンツの個性的な着こなしにも負けない存在感です。パンツの丈をロールアップしてバランスを調節しましょう。

ロールアップにハイカット

ボリュームのあるワイドパンツに、ジャストサイズのジャケットを合わせバランスがとれたコーデ。パンツの丈の長さとハイカットのボリュームもばっちりキマっています。

濃い目の色で全体をまとめると、ワイドパンツでもスッキリした仕上がり。白ではなく黒のハイカットを選ぶと、足元に安定感が出ます。

肌見せ無しコーデにハイカット

下に向かって細くなっているワイドパンツは、自分に合った丈の長さを選ぶと失敗しません。一度細くなった足元に、ハイカットで再びボリュームを出すとオシャレに。

カーキ色のワイドパンツ&黒のハイカットは相性抜群。座った時も肌が見えないのが、ハイカットの良いところです。

最後に

ロング丈からショート丈、スキニーパンツからワイドパンツまで、どんなボリュームのボトムにも合わせやすいコンバースの「ハイカットスニーカー」を、ぜひコーデに取り入れてみてください。