男性ショート向け!ワックスの付け方やおすすめワックスを解説 

男性ショート向け!ワックスの付け方やおすすめワックスを解説 

今回はショートの男性に向けたワックス攻略法をお伝えします。この記事を読めば、効率よくワックスを使うことができます。

もくじ

1.まずはブローしよう
2.髪の毛を乾かすか乾かさないか
3.ワックスの付け方に注意
4.まずは押さえたいところから
5.髪の毛を立たせるコツ
6.ジェルのコツは速攻
7.速攻の次は7:3
8.ボリューム感を出せるマット系
9.髪の毛を立たせられるスーパーハード系
10. 時間がない方におすすめのジェル系
最後に

1.まずはブローしよう

ショートの方でワックスを使いこなすには下準備が大切です。まずは、ブローをしましょう。ブローとはドライヤーを使ってスタイリングすることを指します。ブローをすることで、髪の毛が立ちやすくなるので忘れずにやっておきましょう。寝癖直しの時間がない方は、ぬるま湯で髪を濡らしたり霧吹きを活用したりすることをおすすめします。いろいろと試しながら、自分に合った方法を選択するといいでしょう。

2.髪の毛を乾かすか乾かさないか

髪の毛を乾かすか乾かさないかはワックスの特性、目指したいヘアスタイルによって異なります。落ち着いたヘアスタイルを目指す場合は濡らしたほうがいいでしょう。一方、髪の毛を立たせたい場合は、ワックスの効果を発揮させるために、乾いた状態でワックスを付けます。なお、ジェル系ワックスの場合はある程度濡れた状態であっても、固まってくれます。

3.ワックスの付け方に注意

ワックスの付け方はショートであってもロングであっても注意が必要です。まずはワックスを付ける量をチェックしましょう。ワックスは指の第一関節くらいまでに留めておきます。次に、ワックスを手のひらに薄く伸ばしていきましょう。薄く伸ばすことでムラになるのを防ぎます。ここまで進んだら、使用量が多い後頭部からワックスを付けていきます。とにかく、ワックスを付けすぎないことが大切です。

4.まずは押さえたいところから

もう少しワックスの付け方を詳しく見ていきましょう。先ほど後頭部からワックスを付けると書きましたが、もうひとつ注意したいポイントは「押さえたいところからワックスを付ける」ということです。全体を押さえるのはもちろんですが、サイドも押さえることを忘れずに。全般的に髪の毛が押さえられたら、一旦作業の手を止めてください。

5.髪の毛を立たせるコツ

全体を押さえられたら、いよいよ髪の毛を立たせていきます。ポイントは指をクワのような形にすること。指をクワのような形にすることでスタイリングしやすくなります。同時に、髪の毛をつまむようにすることも大切です。後は鏡を見ながら調整するといいでしょう。すると、立体感のあるイケメン風のヘアスタイルになります。

6.ジェルのコツは速攻

先ほどの方法で満足のいくヘアスタイルに仕上げられますが、ここでは「時間がない」方向けのテクニックをご紹介します。時間がない方はジェル系のワックスを使いましょう。ジェル系のワックスはすぐに固まりますので、スピードが勝負。したがって、ジェルを手に付けたらしっかりと素早く髪全体に付けていきます。後方~サイド~前方の順に付ければいいでしょう。

7.速攻の次は7:3

速攻で全体に付けたら、次は7:3のバランスでスタイリングしていきます。スタイリングは手を「くし」のように使って整えるといいでしょう。首元は髪の毛を押さえる程度で大丈夫。後は鏡を見ながら手際よく整えていきます。慣れてくれば短時間でセットできるようになり、スッキリとした清潔感のあるヘアスタイルが完成します。

8.ボリューム感を出せるマット系

いくらワックスの付け方が完璧であっても、ショートに合ったワックスを選ばなくてはいけません。髪の毛の量を多く見せたいのであれば、マット系のワックスがおすすめ。マット系ワックスの特徴はツヤが出ないことです。したがって、ジェル系のワックスと比較すると、髪の毛のボリュームを多く見せることができます。反対にロングの方はパサパサに見えてしまうのでおすすめしません。

【基本情報】
商品名:ファイン クールワックスM (マットスーパーハード)90g
製造元:阪本高生堂
参考価格:2,500円(税込)
URL:http://www.fine-cosmetics.com/top.htm

9.髪の毛を立たせられるスーパーハード系

ショートで髪の毛が柔らかい方は、スーパーハード系のワックスがおすすめ。このワックスを使うと簡単に髪の毛を立たせることができます。また、キープ力もあるので、日常生活で髪の毛を気にする必要がありません。テクニックとしては、他の伸びのよいワックスと併用することもGOOD。なお、同じスーパーハードのワックスであっても製品によって性質や仕上がりは異なります。

【基本情報】
商品名:ルシード ヘアワックス スーパーハード 70g
製造元:MANDOM(マンダム)
参考価格:700円(税込)
URL:http://www.lucido.jp/products/styling/wax_sh/

10. 時間がない方におすすめのジェル系

先ほど紹介したとおり、時間がない方はジェル系のワックスをおすすめします。ジェル系ワックスは今まで紹介したワックスとは異なり、ウエットな質感で髪の毛が固まります。このワックスの特徴は固まるまでの時間が短いこと。そのため、ワックス初心者の方には少し扱いにくいかもしれません。また、タオルドライの少し乾いた状態であっても使用することができます。

【基本情報】
商品名:ロレッタ デビル ジェルワックス 7.0 120g
製造元:ロレッタ(Loretta)
価格:1,600円(税別)
URL:http://www.loretta-devil-jp.com/product/styling.html

最後に

ショート向けのワックスの付け方をさまざまな角度から紹介しました。この記事を参考にして、自己流のワックスの付け方を見つけてください。いろいろな方法を試すことが、ワックス上達への近道かもしれません。