筋トレ│時間を変えただけなのに効果的食後の筋トレタイム

筋トレ│時間を変えただけなのに効果的食後の筋トレタイム

筋トレをデイリーのライフスタイルに取り込みたいと考えているメンズは多いはず。いざ筋トレを始めてみると、食事の前がいいのか食後がいいのか、食事の前後どのくらいの時間をおいたらいいのかなど悩みませんか?今回は筋トレと時間について紹介します。

もくじ

1.食事の前と後のメリットデメリット
2.食後すぐに始めるリスク
3.筋トレと食事の関係
4.筋トレと糖分の吸収
5.筋トレに適した食事
最後に

1.食事の前と後のメリットデメリット

筋トレは食事の前にやるのがいいのか食事の後にやるのがいいのか、いったいどちらなのでしょう?

日常習慣として筋トレを組み込んでいくには、デイリーやウイークリーでスケジュールを決めていかないと効率的に進めにくいものです。筋トレを食事の前にやるのか食事の後でやるのかについてはどちらもメリットとデメリットがありますので、まずはそれぞれのケースを考えてみましょう。

筋トレを食前にやる場合

筋トレを食事の前にやる場合のメリットは、食物の消化活動で内臓が動いている量が少ないため、効率的にエネルギーを筋トレへ配分できる点があげられます。

一方で筋トレを食事の前にやる場合のデメリットは、激しい筋トレのエネルギー補給のためにすでにある筋肉がエネルギーとして使われてしますリスクがある点です。筋トレをやったことで逆に筋肉が減ってしまうケースもあるのです。

食前にやる場合のデメリットの解決策

筋トレを食事の前にやる場合のデメリットである、筋肉の減少を防ぐための解決策としては、筋トレを始める前に、エネルギーを補給しておくという方法が有効です。

筋トレ前に取っておきたいのは、筋肉をつくりだすたんぱく質とエネルギーのもとになる炭水化物の2種類。具体的にはたんぱく質はプロテイン、炭水化物はバナナや柑橘系といった果物でとると良いのではないでしょうか。

筋トレを食後にやる場合

筋トレを食後にやる場合のメリットは、食事による潤沢なエネルギーが体内に補給されている点です。

すでに身体に備わっている筋肉を減らすことなく激しいトレーニングができます。一方で筋トレを食後にやる場合のデメリットは、食物がおなかの中にあるために気持ちが悪くなってしまう事がある点です。筋トレにエネルギーが使われてしまう事から消化不良を起こす可能性もあります。

食後にやる場合のデメリットの解決策

筋トレを食後にやる場合のデメリットの解決策は、食後に筋トレを開始するまでの時間調整です。

食事直後に筋トレを始めるのは、無理があります。少なくとも食後30分は時間をおいてから運動を始めるようにしましょう。
食物は身体を動かすエネルギーになりますし、栄誉バランスのいい食事をとることは筋トレのベースにあるからだ自体の健康維持にも重要です。

2.食後すぐに始めるリスク

食事の腹ごなしのために食後すぐに筋トレを始めれば効果があるかといえば、それは間違いです。

食事の直後は消化器官が積極的に動いていますので、筋トレをすることで気持ちが悪くなったり消化不良を起こしてしまうリスクがあります。形状は違いますが、消化器官も筋肉のひとつなんです。食後に筋トレを始めるのにベストな時間は30分から1時間経過したころが望ましいといわれています。

3.筋トレと食事の関係

筋トレと食事の関係を考えた場合、食事の前がいいのか後がいいのかという枠から離れて、筋トレを行うという観点から食事と向き合うのもいいアイデアです。

筋トレ時間に合わせてバナナやフルーツジュースといった軽い栄養補給を行ったり、食事の30分から1時間後に筋トレを行うスケジュールを立てるようにすると効果的です。筋トレと食事の時間を予め決めておくことで身体が習慣として覚えるようになります。

4.筋トレと糖分の吸収

食事で体内に取り込まれた食物は消化されてエネルギーに変わりますが、余った分は体脂肪として蓄積されてしまいます。
筋トレを成功させるためには、体脂肪の蓄積を押さえて筋肉を増やしていかなくてはなりません。食事をして吸収された糖分はだいたい30分後に血液に流れ出します。食後に血液中に流れ出した糖分を筋肉を動かすことでエネルギーに変えていけば体脂肪を増やすことを防止しながら筋肉を増やすことが可能です。

5.筋トレに適した食事

筋トレに適した食事で第一にあげられるのがたんぱく質です。鶏肉は良い筋肉をつくると言われていますが、肉、魚、大豆製品、乳製品からバランスよくたんぱく質をとるようにしましょう。プロテインを飲んでたんぱく質を補給するのも効果があります。

炭水化物は太りやすいので細マッチョを目指す筋トレでは避けられることが多いですが、実は筋トレには必要なエネルギー源です。ビタミンとミネラルも筋肉をつくるためには必要です。

最後に

食事は筋トレにとって非常に重要なポイントであるとともに健康維持のためにも最も大切な要素。焦点は自分の身体がどのような状態にあるのかに注目して筋トレのスケジュールを立てることが大切ではないでしょうか。